Page en français
落合邦子のライフスタイルブログ

2011年 1月 31日

「モネとジベルニーの画家たち」展

カテゴリー 日々の出来事

渋谷文化村で行われている絵画展「モネとジベルニーの画家たち」を見てきました。

これまでにモネの絵はパリのオランジュリー美術館、マルモッタン美術館などで何度も見てきました。私の著書「花でめぐるフランス」でも、”モネの愛したノルマンディー”という章ではエッセイも書きました。
今回文化村に足を運んだのは、私の本がミュージアムショップで販売されている、と私の生徒さんが教えてくれたので、それを見に行く目的もありました。
フランス関係の本の中に私の本も平積みされていました。
ちょっと感激^^

さて、絵画ですが、ジベルニーに集まってきたアメリカ人画家の作品の中に混ざりながらも、やはりモネの作品は別格でした。
そして、今日あらためて彼の作品について認識したことがあります。
私はこれまで彼の作品を「光と影の移ろいを描いた」と簡単にまとめていましたが、
彼が描いていたのは光や影そのものではなく、自然の中の大気。いうなれば‘気‘だと思うのです。彼は見えるものを描いたのではなく、彼が感じる‘気‘を表現しようとしたのだと思います。
それは光の加減で感じ方も違ってきたのでしょう・・・
私たちが伊勢神宮やそのほかの神社で、空気感の違いを感じるように、モネは池から感じる目に見えないものを描いたのだと思います。水面に写り込む空や雲、水底に沈む藻、そして水面の睡蓮と対象物はありますが、描こうとしたのは彼が感じる気だったのではないかと・・・
時間がなくて大雑把な鑑賞しかできませんでしたが、モネの水連の絵を見た限りそのように感じました。

コメント(2)

コメント(2) “「モネとジベルニーの画家たち」展”

  1. Atsushi Nishioon 2011年2月07日 at 10:22 PM
    落合さま

    ごぶさたしております。

    当方、近年足が遠のきがちになった渋谷界隈ですが、文化村だけは別格で、創設当初から大ファンの地域です。

    そのミュージアムショップに落合さまのご書籍が平積みで置かれているのは、当然のことといえば当然に思いますが、私などもうれしく思います。

    モネについての「大気」「気」というご考察を興味深く読ませていただきました。
    大変秀逸で新鮮に感じました。

    「印象派」という言葉をたぐってみると、外形よりも「気持ち」ということがよりふさわしく、まさしく正鵠を得たお考えかと思います。

    以上
    支離滅裂になりましたが、ありがたく存じます。

    西尾 拝
  2. adminon 2011年2月07日 at 10:28 PM
    西尾さま

    美術評論家(?)の西尾さんに素敵なコメントをいただき、嬉しいです。

    私も渋谷は苦手ですが、文化村だけは興味のあるところです。
    カフェも好きですよ。
    嶋田洋書も面白い本があるし・・・

コメントを残す