Page en français
落合邦子のライフスタイルブログ

2009年 9月 18日

ココ・アヴァン・シャネル

カテゴリー 日々の出来事

ココ・シャネル・・・去年が生誕125周年だったそうで、そんな関係で、今年、日本で3本の映画が上映されます。

すでに上映されている「ココ・シャネル」に追随し、今日から公開の「ココ・アヴァン・シャネル」を
観てきました。
どちらを見ようか迷ったのですが、フランス語の響きを久しぶりに聞きたくて、フランス映画のほうを選びました。(「ココ・シャネル」はアメリカ映画。)

シャネル役を「アメリ」で日本でも人気となったオドレイ・トトゥが演じました。
太いまゆ毛、はっきりとした黒い瞳がシャネルをほうふつさせます。

ストーリーはデザイナーとして自立するまでの時代を描いたものでした。
孤児院育ちの彼女は、身分の違う貴族の愛人とは結婚できないことを知ってか、自立の道を模索していました。恋に落ちた英国の上流の起業家とは、結婚を夢見たものの、結婚以外の関係を続け、パリに店を出す足掛かりとなりました。一流な男性としか付き合わなかったというシャネル。
彼女のステージを上げていくのには男性の力も必要であったでしょう。
しかし、常に、強力な自我と誇りを失わずに生きた女性だったようです。

こんな力強さがあったら、いいな・・・・


いい映画をみました。でも、初日なのに、がらすきの丸の内ピカデリーでした。

「ココ・シャネル」も観てみたいです。栄光の陰のさびしい晩年が描かれていそうですが・・・

コメント(8)

コメント(8) “ココ・アヴァン・シャネル”

  1. かっこon 2009年9月18日 at 11:42 PM
    これ、観に行こうと思っていたところです。先日シャーリーマクレーン版のココシャネルも観ましたが、素晴らしい演技であったわけですが、なにしろ英語ってとこでリアル感がうすれます。
    オドレイちゃんは大好きなので楽しみです。ご紹介ありがとうございました!
  2. Dream Writeron 2009年9月19日 at 12:10 AM
    >フランス語の響きを久しぶりに聞きたくて

    素敵です~
    カッコイイです!!

    母がフランス旅行から帰ってきました。

    メニューを読めるようになってまた行きたいそうです(笑)
  3. 波月ゆみ@ジュエリーデザイナーon 2009年9月19日 at 6:49 AM
    結婚を求めてもいっしょになれず、きっと葛藤もあって
    どこか孤独でさびしかったでしょうね。。

    でも、一流の男性としか付き合わず、
    相手に媚びずに生き抜く・・自立したカッコイイ生き方ですね。
  4. adminon 2009年9月19日 at 7:44 AM
    かっこさん

    今朝のテレビ朝日に、オドレイ・トトゥがでていました。
    お薦めの映画ですよ。
    お早めに^^


    DreamWriterさん

    フランス語で全てわかるわけではないのですよ^^

    フランス語を聞くことに快感を感じているだけなんです・・・・


    お母様と一緒に、ぜひフランスに行かれたらどう?



    ゆみさん

    カッコいい女性です。
    でも、繊細な気持ちを持っていて・・・・

    ぜひ、観てみてください。
  5. みっちゃん^^on 2009年9月19日 at 7:51 AM
    昨日は、ご来店ありがとうございました!

    いつもパワフルな邦子さんに脱帽です^^
    1日の予定ぎっしりですもんね~☆

    映画も良かったようですね~!
    邦子さんも、一流の男性の力を借りて 更に飛躍してください!(笑)
  6. adminon 2009年9月19日 at 10:14 AM
    みっちゃん^^


    昨日は、きれいにしていただき、ありがとう。

    余裕でついて、軽くパンとかも食べて行けたのに、なんと、針の先生の奥さまに赤ちゃん誕生で、
    30分くらい、待ってしまいました。
    すごい特別な日にあたったわけです。

    映画もよかったです。
    そのあとは、友人と銀座の小さな小料理屋さんのカウンターで、秋の土瓶蒸しなどいただきました。
    恋ばなの相談を受けながら・・・・^^
  7. 深山聡子@ホームページ制作on 2009年9月20日 at 6:34 PM
    世界的に成功した女性の栄光と陰を垣間見ることができる深い映画ですね。

    「おくりびと」以来、映画は見ていないので、観にいきたくなってしまいました。^^
  8. adminon 2009年9月20日 at 10:02 PM
    深山さん

    ココ・シャネル、マリア・カラス、エディット・ピアフ、フランソワーズ・サガン、・・・・

    これらの映画、すべてみましたが、共通する人生があります。


    まさに光と影。


    光がない分、影がない、というのもさみしいですが。


    映画、ぜひ観てください!

コメントを残す