Page en français
落合邦子のライフスタイルブログ

2009年 6月 25日

フランソワーズ・サガン

カテゴリー 日々の出来事

「悲しみよこんにちは」を出版し、18歳で一躍ベストセラー作家になったフランソワーズ・サガン。
仏文の学生だった私は、大人の世界を見るような憧れで彼女の小説を読んだものです。

その彼女の自伝をもとにつくられたフランス映画が上映されています。今週末までなので、今日、一人で見てきました。
銀座和光の裏の映画館には往年の少年少女が見に来ていました。

奔放な生きざまが取りざたされ、文学性においては・・・いかがなものだったのでしょうか?

奔放な生活ゆえに、強い女性のように見られがちですが、実は繊細で、孤独な女性でした。
映画のポスターには「愛も名声も富も手にいれ、全てを失った」と書いてありましたが、
愛は手に入れていなかったような気がします。
2度の離婚。息子とも距離を置き、死の間際にも会おうとしませんでした。

名声、そして得た富の使い方がめちゃくちゃで、借金返済に追われるようになり、
薬物で体をむしばんでいきました。
歌姫のエディットピアフのような哀れな晩年です。

なんだか、重い気持ちになって映画館を後にしました。

でも、彼女の代表作「悲しみよこんにちは」を今でも持っているので、読み返して見ようかと思います。
200906252046000.jpg 学生の時とは違った思いで読めるかしら・・・・

さて、映画の前は友人とある企画のランチミーティングをしていました。
学士会館のフレンチレストランです。
レトロなつくりの学士会館で、落ち着いてお料理もいただけました。

200906251200000.jpg シーフードのサラダ仕立て。

カボチャのポタージュスープ。
メインはカサゴのソテーバターソース。
写真は食欲に負けて、撮り忘れ.

200906251248000.jpg デザートはフランボワーズのムースとオレンジタルトでした。

フランスがらみのある企画、実現できるといいのですが。私の夢の一つでもあります。
実現の光が見えた折には、お話いたします。

コメント(9)

コメント(9) “フランソワーズ・サガン”

  1. 不動on 2009年6月25日 at 11:54 PM
    昔の文学作品は、想像力をフルに刺激してくれますね。
    ですからいろいろな取り方ができるのは、素晴らしいところです。
  2. 波月ゆみon 2009年6月26日 at 5:57 AM
    フランソワーズ・サガン
    愛を求め続けたんだけど、けっきょくすごく孤独だったんだろうな・・

    そんな風に感じました。


    情熱的に、まっすぐに、愛を貫いた女性、
    エディットピアフも波乱万丈でしたよね。
  3. adminon 2009年6月26日 at 10:01 AM
    不動さん

    コメントありがとうございます。

    不動も昔は小説を読みましたか?


    ゆみさん

    サガンは本当の愛を求めながら、愛には恵まれなかったかも。
    女性として、切ないです。
  4. 深山 聡子on 2009年6月27日 at 1:46 PM
    「フランスがらみのある企画」楽しみにしております。^^
    お花、アジサイ、フランス・・・キーワードからどんどん世界が広がりますね。
  5. adminon 2009年6月27日 at 8:41 PM
    深山さん

    ありがとうございます。
    kemiさんに、ステンドグラスの建物でのフラワープロデュースが浮かぶ…と言っていただき、
    ドキドキわくわくしているのですが・・・・
    これはいつのことかしら?
  6. 『応援力』取次学on 2009年6月28日 at 1:04 PM
    そういえば、フランスを舞台にした物語ってみたことないですね。。
    一度みてみたくなりました。。

    ・・・唯一あるのは、ベルバラぐらいかな。。

    ドンドンと色々な世界が広がっていきますね(^^(笑)。
    1人で映画をみるのもまた、いいですよね(*´ー`*)。
  7. adminon 2009年6月28日 at 1:41 PM
    取次さん

    私は映画、一人でよく観ますよ。
    友人と日程を合わせていると、見逃してしまうことが多いので・・・・

    フランス映画は往々にして、単調なものがおおいですよ。
    ハリウッド映画のような華やかさはありません。

    えっ!これで終わり?!というような感じです^^

    でも、ぜひ、フランスワールドにも範疇を広げてください!
  8. Firstsnowson 2009年6月29日 at 8:01 AM
    はじめまして。
    お茶会の記事に、コメントを頂きました、Elegance StyleのFirstsnowsです。

    このたびは、私の拙いブログに足を運んで頂き、またコメントを頂き、ありがとうございました。
    また週末ということで、お返事が大変遅くなりましたこと、お詫びいたします。


    今回はお茶会で、目の当たりに素敵なテーブルフラワーを拝見させて頂きました。
    私も学生時代から華道をしておりまして、英国でも紅茶と共に、お花の勉強をしてまいりました。
    もっぱら、食卓やテーブルに飾る小さな花と、お教室でレッスンがあるときに
    ささっと自分で生けてしまうのですが、なかなかセンスが無くて、お恥ずかしい限りです。

    また、お時間がありましたら是非ブログへも足を運んでくださいませ。
    私もまたお邪魔させて頂きますね。

    今週も素晴らしい時間でありますように。
  9. adminon 2009年6月29日 at 8:55 AM
    Firstsnows様



    コメントをありがとうございます。
    食の分野でのご活躍、写真の画像から、楽しませていただきますね。

コメントを残す