Page en français
落合邦子のライフスタイルブログ

2011年 11月 27日

使命

カテゴリー フラワーデザイナー

私の周りには幸せなことに素晴らしい方々がいます。自分の生きる目的、役割を自覚し、その目的に向かって着実に進んでいらっしゃいます。
その中の一人は私の友人、植田明美さん。ヒマワリのような明るさの持ち主。ヒマワリは太陽を向いていますが、むしろ太陽そのもの。明るく多くの人の行く先に光を与えてくれるような人です。
明美さんつながりでお知り合いになった温井和佳奈さん。カンボジア女性の自立のために、職業人としてのグラフィックデザイナーを育成しています。
そして最近フェイスブックからお知り合いになった都倉亮さん。癌との闘病から立ち直り、今まさに多くの事をご自分の使命として発信していらっしゃいます。

素晴らしい方々から多くの気づきをいただいています。

そんな中、じゃあ、私の使命って?私にできる社会貢献って?という難問にぶつかりました。

花の仕事をしていると、私の作った花束やアレンジ、ブーケを喜んでくださる方々は幸いにもたくさんいらっしゃいます。
でも、これでいいの?花はそれ自体で美しいものだし・・・
ガラス作家や画家が、無から作品を作り出すのとはちょっと違うし・・・
つらつら考えながら今日は地元をお散歩。まあ、いいっか…が今日のところの結論。
ランスのカテドラルのステンドグラスの色の組み合わせ、自然の織り成す色の組みあわせ、私の作品の中の色の組み合わせ・・・
共通項があるかもしれない。そんな方向を向いてい行こうかな。




そういえば、面白いエピソードを思い出しました。
昨年の春、私の小、中学校の同級生が私の店にひょっこりやってきました。彼は慶応大学の大学院を出て、アメリカに行ったらしいという噂でした。
その彼がなぜ私の店を知りあてて、来たのかも説明がいまいちあやふやだったのですが、彼はなんと牧師さんになっていました。そして私に言ったのは「牧師の仕事も、花の仕事も人を癒すことには変わりがない」と・・・いまだに謎の来店だったのですが、この言葉は私の励みです。

コメント(6)

コメント(6) “使命”

  1. graceon 2011年11月27日 at 6:28 PM
    いつもいつも綺麗なお花の写真を見せて下さってありがとうございます。
    大きな事業としての社会への貢献も、小さな個人への真心を込めたお仕事も、どちらも素敵で大切な事と思っています。
    煌びやかなイルミネーションも素敵だけれど、暗闇でそっと灯る蝋燭の火も温かく心を満たしてくれます。
    オルタンさんの手から作り出される綺麗な花束が、多くの人達の心を明るく美しく彩ってくれるに違いありません。

    賛美歌の「ちいさなかごに」を聞いてね。
    大好きな賛美歌です。

    http://sanbika.net/Just_a_dainty_basket.html

    うまくアップされているといいのですが・・・。
  2. adminon 2011年11月27日 at 7:44 PM
    graceさま

    素敵なコメントをありがとうございます。涙です・・・

    讃美歌は聞けませんが、歌詞が素敵。ジーンと胸に響きます。
    ありがとうございます。私の応援歌になります。
  3. かれんon 2011年11月27日 at 8:36 PM
    オルタンさんの桂離宮の紅葉に誘われて伺ったら、大好きな讃美歌がご紹介されていて、嬉しくなってしまいました。
    こうやって改めて歌詞を読むと、花にたずさわる仕事への賛歌にもなっている気がしました。
    オルタンさん、とてもかわいらしい曲ですよ~♪
  4. adminon 2011年11月27日 at 9:33 PM
    graceさま。かれんさん

    讃美歌聞けました!!!ありがとうございます。
    そうですね。花の仕事に携わる人への讃歌ですね。
  5. ayumion 2011年11月28日 at 2:56 AM
     
    私も讃美歌「ちいさなかごに」が大好きです。
     
    子供の頃、教会学校で「花の日」礼拝という日があって
    みんなでそれぞれ持ち寄ったお花を持って色々なところに廻るのですが
    私の大好きな日でした。

    本当に歌詞のとうりだと思いました。
  6. 落合邦子on 2011年11月28日 at 8:35 PM
    ayumiさん

    皆さんご存知の讃美歌なのですね。

    心がほっこりする歌詞とメロディーですね。

コメントを残す