落合邦子のライフスタイルブログ

2009年 2月 13日

相田みつを こころの道

カテゴリー 日々の出来事

東京国際フォーラムは、私の通勤路です。その中にある、相田みつを美術館の脇を何年も素通りしていました。
昨日、ちょっと時間があったので、ふらっと入りました。

彼の独特な書体が訴える、彼の詩が、私の心にしみこんできました。

「道
歩くから
道になる
歩かなければ草が生える」




「道は一本
単純で
まっすぐがいい
何かをほしがると
ほしがったところが
曲がる
道は一本
まっすぐがいい」


「根さえしっかりしていれば
枝葉は
どんなにゆれたって
いいじゃないか
風にまかせておけばいい」

なるほど・・・・観音様のような言葉と思おうこともあれば、そんなことはできないよ、という、彼の本音もありました。
物欲、名誉欲は捨てたけど、色欲はすてられない、と赤裸々に言ってるものも。
好きになってはいけないと分かりながらも、やめられないとか・・・・


人間なんだもの、しょうがないですね。彼の人間臭さが、かえって共感を呼びました。

コメント(3)

コメント(3) “相田みつを こころの道”

  1. まきon 2009年2月15日 at 1:54 AM
    >「根さえしっかりしていれば 枝葉はどんなにゆれたっていいじゃないか 風にまかせておけばいい」

    こういうの、いいですね。

    自分の人間臭さを認めている人って、すごく好きです。
  2. adminon 2009年2月16日 at 3:12 PM
    まきさん

    そう、こんな生き方のほうが、気が楽ですね。
  3. www.thephdmom.comon 2014年2月18日 at 9:03 PM
    I really appreciate free, succinct, reliable data like this.

コメントを残す