Page en français
落合邦子のライフスタイルブログ

2009年 10月 06日

箱根ショートトリップ、ルネ・ラリック美術館

昨年からお友達になった、美容室を経営するみっちゃんが、箱根の温泉に湯治に行くというので、
私も行く!とその企画に相乗りしました。

彼女のかわいい赤いフォルクスワーゲン?で、青葉台からドライブ。
お天気も良く、道もすいていて、快適なドライブでした。
しっかり者のみっちゃんは地図をプリントアウトしてくれていたのですが、あまり熟知していないようで、
私も突然その地図を見てもうまくナビ出来ず、急に止まってUターンしたりとかなり珍道中^^
道を間違えて、芦ノ湖の対岸から、「あそこの赤い鳥居が箱根神社ね。」と第一目的地の箱根神社を眺めました。
dscn1238.jpg でも、無事に箱根神社に到着。桜の神様、コノハナサクヤヒメが祀られています。
dscn1240.jpg dscn1241.jpg まだ人が少なく、木立の中を気持ちよく進んで行きました。

御神木は樹齢1000年だったかな・・・
dscn1242.jpg
駐車場にあるお茶屋さんで、名物のおもちを食べました。
dscn1245.jpg お昼はラリック美術館のレストランで、と決めていたのですが、朝ご飯が早かったので、おいしくパクパク
二人で半分づつ食べました。

お守りも買い、お水で、パワーストーンも洗って、つぎの目的地、ラリック美術館を目指しました。

ラリック美術館を私はとても楽しみにしていました。
19世紀末にフランスで花開いたジャポニスムの影響で生まれたアールヌーボーの代表でもあるガラス作家の作品がたくさん展示されていました。そして、彼はアールデコの時代にも突入していきます。
今回、彼の娘スザンヌの陶器の作品も展示されていました。
ラリックは、大女優の宝石をデザインしたり、香水瓶の会社とタイアップしたりして、事業を広げていきました。
だから、現在もたくさんの作品が残っているのですね。

2006年に私はパリで、ラリックの家の写真を撮りました。写真をファイルから見つけました。
dsc_0029.jpg dsc_0027.jpg dsc_0024.jpg
こんな思い出もあります。


さてさて、箱根のラリック美術館の展示を見た後は、予定通り、お庭のきれいなレストランでランチ。
地元の新鮮な野菜や、ジャガイモの入った自家製パン、ほうじ茶入りのバターなど、こだわりです。
dscn1247.jpg 有機コーヒーもお代わり自由。
まったりとくつろぎの時間でした。
dscn1250.jpg 温泉宿のことは、次回に。

コメント(5)

コメント(5) “箱根ショートトリップ、ルネ・ラリック美術館”

  1. みっちゃん^^on 2009年10月07日 at 8:22 AM
    お~~~!
    見たことない写真だと思ったら
    本物のラリック家のお写真だったのですね!
    壁や入り口のガラスがとっても綺麗~..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

    カーナビがついていないので、いつも道に迷いながらのドライブです^^;
    頼りにならなくてスイマセン(汗
    でも、何とかなるよね~♪

    箱根を極めようと昨日「箱根の秘密」という本を買いました!
    箱根神社のこともいろいろ書いてあり
    行く前に買えばよかったなぁ~!っと思いましたが
    これから何度でも行って極めます~☆
  2. 波月ゆみ@ジュエリーデザイナーon 2009年10月07日 at 10:08 AM
    良いお天気で、良かったですね!

    お二人の珍道中も、また楽しそう~♪


    これはなんとパリのラリックの自宅ですか!!すごいすごいっ!


    壁面もガラスの戸も、すべてアールヌーボーなのですね。
    家全体がアートで、すばらしい♪

    いいものを見させていただきました。
    ありがとうございます♪(*^o^*)
  3. ちはるくんon 2009年10月07日 at 2:04 PM
    箱根、いいですよね~
    私も仙石原~芦ノ湖あたりの美術館めぐりや自然の中を散策するのが好きです。
    芦ノ湖の花火大会も毎年行ってます。
    車を走らせるにも楽しいコースがいろいろありますしね。

    赤いフォルクスワーゲンと美女二人
    絵になりますね~(^^)v
  4. michiyoon 2009年10月07日 at 8:30 PM
    対岸から芦ノ湖越しにみる、箱根神社の鳥居がいい感じです。

    パリのラリックの家、
    ドアのガラスはもちろん壁も美しいですね。。

    レストランのお庭はふかふかしているように見えます!
    青々して秋じゃないみたいです。
    そこに、珍道中したとは思えない美女ふたりが
    しっとりと佇んでいる姿がいいですねー。
  5. adminon 2009年10月07日 at 8:56 PM
    みっちゃん^^

    楽しい旅でしたね。

    緻密なようでいて、大胆な運転、なかなかです^^
    箱根、極めて、また行きましょう。



    ゆみさん

    パリのラリックの家はセーヌ川際ですが、ほとんどだれも気に留めていません。
    偶然ににも人が出てきたので、ドアの中から写真を撮らせてもらいました。


    ちはるくん

    どなたかと思えば、キャリさんじゃないですか!
    コメントありがとう。
    箱根通ですね。
    それにしても、「美女」とは、嬉しいですね。


    michiyoさん

    ラリック美術館はとても落ち着いたいい雰囲気です。
    芝生も青々。

コメントを残す