Page en français
落合邦子のライフスタイルブログ

2011年 1月 24日

香道

カテゴリー 日々の出来事

日本文化に興味があったのか、香に興味があったのかは定かではありませんが、
昨年末、香道を習ってみたいと思いたち、ネットで検索して、私のオフの日とぴったり合う
香道のお稽古を見つけました。
そのお稽古の初日が今日でした。

そのお稽古は銀座のビルの貸部屋でいすに座り行うのですが、香道の簡単なお作法や基礎知識を教えていただいた後、早速香を聞きました。
香は嗅ぐのではなく、「聞く」なのだそうです。
香木には7種類あります。キャラ、やビャクダンなどです。手のひらに乗るサイズの香炉という陶器の器の中にたどん(炭の粉を固めたもの)に灰をかぶせたものの上に香木を置き、香をたたせます。それを左手で持って、右手の手の中から鼻に香りをすいこませます。

香を鼻先で嗅ぐのではなく、深く吸い込み、体で感じるといいと言われました。
そして、自分がどの香りが好きなのか、と、香りを楽しめばいいのだとも。
3種類くらいの香木の香りを聞く練習をした後、先輩の方々に混ざり、組香という、
香のあてっこゲームのようなものに参加させていただきました。

新年にちなんでおめでたく「鶴亀香」というもので、香木に鶴、亀、寿と名前を付け、
3種類の香りのうち、何がどの順番でまわったかを当てるのです。

初心者にもわかりやすいビャクダン(サソラといいます)が加わり、全員が正解しました。
ビャクダンは子供の頃、母が持っていたお扇子の香りを思い出させました。

香木のその微妙な香を楽しみながら、日本文化や季節に触れ、参加者との会話を楽しむ、
日本独自の文化です。
先生は御年配の方ですが、日本文化への造詣も深くていらっしゃるようで、とても楽しいお稽古でした。
私は全くの素人ですが、まずは香を聞きわけ、どれが自分は好きか、その香りから何をイメージするか・・・と発展させていきたいと思います。

知らないことを習うって楽しいですね。


コメント(3)

コメント(3) “香道”

  1. Noriyoon 2011年1月24日 at 8:35 PM
    私も香道、ずっとやりたくて一時本気で先生を探して体験稽古などしてみていました。
    うわわわわというお稽古場をのぞいて怖くなっていらい遠のいていますが、やはりあの雅な世界には踏み入れたいです!

    詳しくまた教えてくださいませ!!!
  2. kakkoon 2011年1月24日 at 9:09 PM
    目に見えない真実は、耳で聞くこと。という言葉が頭に残っていたので、

    >香は嗅ぐのではなく、「聞く」なのだそうです。

    と書いてあった言葉にリンクいたしました。
    良い時間を過ごされたようで、豊かさが広がりますね。
    ブログでのお裾分け感謝です
  3. adminon 2011年1月26日 at 9:52 PM
    Noriyoさん

    楽しいお稽古場でしたよ。
    日本文化をちょっと触れるのもいいものですね。




    kakkoさん

    目に見えない真実は耳で聞く・・・・・・

    深い言葉ですね。

コメントを残す