落合邦子のライフスタイルブログ

2016年 9月 19日

菅原健彦氏の個展

カテゴリー 携帯より

DSC_1073-1.jpg DSC_1072-1.jpg DSC_1071-1.jpg

銀座のギャルリーためながで菅原健彦氏の個展が行われています。
彼の絵画は、山梨県の神代桜や、福島県の三春桜等を描いています。
金箔又は銀色の箔から浮かび上がる黒い幹の力強さに惹かれます。
私が菅原健彦氏を知ったのは、国際フォーラムで行われていたアート展で偶然に見かけた事から。
数多いギャラリーの中で、ためながのブースで私を引き付けました。
そして、その題材が神代桜と知り、尚更びっくり!
と言うのは、その前日、テレビで山梨県の神代桜の事が放映されていて、「是非行ってみたい!!」と思っていたから、そのシンクロに驚きました。

そして、今回の個展を知ったのも、いつもの銀座の生け込の折に、たまたま車をスタッフがギャルリーためながの前に停めるしかなかったから。


そんな偶然に導かれた菅原氏の絵に惹かれています。

そして、神代桜や三春の桜を是非見に行ってみたいと思います。

コメント(0)

コメントを残す