Page en français

アーカイブ 2012年5月

2012年 5月 20日

新緑のウェディング

カテゴリー ウェディング

爽やかな五月晴れの1日でした。高輪プリンツヒェンガルテンでのウェディング。

今日の新郎新婦は2月に行ったブライダルフェアで、オルタンシアのお花のテイストを気に入ってご指名いただいたカップルです。
ピンクの甘いテイストがお好きな可愛らしいご新婦のブーケはこちら。

チャペルのアーチにも白いお花にピンクのバラをアクセント。
中庭でフラワーシャワーが舞いました。

披露宴会場の入り口にはハートのリース。


控室のお花は後程、贈呈花束にラッピングしました。

披露宴会場はこんな感じです。



新郎新婦にはとても喜んでいただき、私たちも幸せをお裾分けしていただきました!

さて、お仕事が重なる時は重なるもので、ブーケと贈呈花束を横浜のパンパシフックホテルにお届けもしました。
雑誌の「25ans Wedding」フラワー号に私のアジサイのブーケが掲載されていますが、それを気に入ってくださり、お問い合わせがありました。横浜までの配達は躊躇しましたが、
せっかく気に入って下さったのですから、是非お持ちいただきたいと思い、お引き受けいたしました。ブルーのカクテルドレスにお似合いだと思います。


そしてプリンツヒェンガルテンでは午後からもう1件のお客様。
プリティな色味の会場装花で仕上げました。



ウェディングケーキは白いプレーンなケーキにイチゴをお客様が一つづつ乗せてデコレーションする演出でした。
楽しい演出ですね。

それぞれのカップルのご希望を伺い、デザインしていきますので、それぞれの方にあったウェディングフラワーとなっていると思います。

20数年ウェディングの仕事に携わっていますが、久しぶりに初期の頃を思い出した1日でもありました。これからも一つづつ大切にお仕事をしていこうと思った1日でもありました。

コメント(0)

2012年 5月 20日

ウェディングの現場へ

カテゴリー 携帯より

2012/ 5/20  6:51

おはようございます。早起きしてウェディングの現場にむかっています。通勤途中の公園では鳥のさえずりが聞こえ、小さな野の花にも目がいきます。気持ちの良い季節。気持ちの良い朝。こんな季節を寒い冬に待ち望んでいたのだから、謳歌しなくては!生きている時間を大切にしなくては、と昨日の日野原先生の講演会に参加して思いました。今日もウェディングの仕事頑張ります。今日はトリプル。朝イチ、紫陽花のブーケを作ります。皆さんも良い1日を!

コメント(0)

2012年 5月 16日

大地に根ざして

カテゴリー 旅のエッセイ

先日友人の明美さんとランチをする約束になっていたので、当初、青山辺りのレストランを候補に挙げていたのですが、彼女が「せっかくだから都会の喧騒を離れませんか!」というので、「いいわね~!鎌倉か湘南あたりかしら…」というと、「箱根まで足を延ばしましょう!」という返事。
お天気に恵まれドライブ日和。
大観山からは、富士山と芦ノ湖がきれいに見えました。


お昼時の箱根は中高年の団体さんで混んでいました。お目当てのホテルのレストランは満席でしたので、次の候補、レトロな箱根富士屋ホテルで遅いランチとなりました。

ゆっくりおしゃべりした後、明美さんのインスピレーションにお任せして、富士山のもっときれいに見えるところに行くことになりました。
それは河口湖。
不思議なことに前日電車の隣に座ったおじさんが、河口湖畔の地図を見ていたんですよね・・・それを横目でいた私を思い出しました!

河口湖からの富士山は、箱根からよりもさらに大きく見え、裾野が見えるので、大地からそそり立つ富士山を目の当たりにしました。
遠くから見える富士山は頭だけですが、それでも富士山が見えると嬉しくなります。しかし、裾野から見える富士山には力強さを感じました。

河口湖近くにある浅間神社にも行きました。


富士浅間神社には昨年行きましたが、空に向かって伸びる杉の木の逞しさに感動しました。
河口浅間神社にも杉の木がご神木としてありました。



誰もいない木々の中の境内にはパワーが降り注いでいました。
大地からそびえたつ富士山。大地から天に向かって伸びる杉の木。
私も大地にしっかり足を付けていなくてな…と思いました。
「自分自身が磁石になりなさい」というアドヴァイスを明美さんにもらいました。テーマは「美」だそうです。
美を引き寄せる・・・それには自分自身が美を発信しなくてはなりません。永遠のテーマです。

コメント(0)

2012年 5月 13日

母の日

カテゴリー 携帯より

2012/ 5/13  8:25

晴天!母の日の朝。高輪の店に向かう通勤途中、空のブルーと街路樹のグリーンのコントラストに気持ちが弾みます。さらに青空には白い半月がぽっかり浮いています。昨日、一昨日に発送した母の日のお花が宅急便のトラブルなく、どの方にも届きますように!と願います。お花は心のメッセンジャー。 当日買いに来る子供やパパとの対話も楽しいです。母の日は特別な日ですね。 私も母ですけどね。

コメント(0)

2012年 5月 12日

香りとのコラボ

パルコ劇場で本日から開演されるお芝居に主演する俳優仲村トオルさんへ、楽屋のお花を贈りたいというご依頼をいただきました。
そのお芝居のポスターを見てまず目に飛び込んできたのが、白い調理人の白衣。それに加えて彼のイメージから、「白いアジサイを使いたい!」とピンときました。
幸いにもしっかりとした存在感のある白いアジサイを仕入れることができ、このようなアレンジに仕上げました。

カラーも茎が太く、白い花ではありますが、力強さがあります。
ほんのりクリームのようなバラ。ライム色のビバーナムとカーネーションは瑞々しさを。
さらに今回のテーマはアロマフレグランスとのコラボレーションでした。アロマデザイナーの井崎真奈美さんとのコラボレーションで、彼女が私のアレンジメントからイメージした香りを調合し、アレンジメントに忍ばせたコットンにしみこませました。シトラス系でありながら、華やかな香りも加えられました。
フレグランスとのコラボレーションですので、あえて生花に香りのないものを選びました。
仲村トオルさんの楽屋で、癒しのお花となりますように。お芝居の成功もお祈りしています。

コメント(0)

2012年 5月 02日

色の力

カテゴリー 携帯より

2012/ 5/ 2  8:28

先日国立新美術館にセザンヌ展を観に行きましたが、同じ美術館で別の展覧会がありました。お知り合いとなっている長森聰画伯の絵画も展示されていました。彼は私が著書「花でめぐるフランス」を出版した2007年に私の本を偶然にも本屋さんでお買いになり、私にお手紙を下さいました。「あなたの花にはパサージュがある」と美術の色彩用語で感想を書いてくださいました。芸大を出て、フランスにも住み、新潟大学の教授もなさった方です。その時が80歳になる年だったとおもいますので今は84歳になられたかと思います。個展やグループ展のご案内をいただき、その都度拝見させていただいています。今年の年賀状には、年を重ねる毎に、激しい色使いをしたくなる、と書かれていました。今年の絵はそれを表していました!ここ数年よりも更に激しく、カラフルな色。カラフルというと軽妙に聞こえますが、心の底から力を振り絞っているようにも見えます。あー、頑張っていらっしゃるなー、と思いました。私もがんばらなくては!と、パワーをいただきました。
展覧会で購入した絵はがきを写真に撮らせていただきました。

コメント(1)