Page en français

アーカイブ 2012年6月

2012年 6月 30日

お喜びの御祝い装花

友人の明美さんのご主人は某大学歯学部の教授です。先日、医局の先生が開院するに当たって、医局の方が御祝いのお花を贈る相談をしていたそうです。ネットでお花屋さんを探していたので、明美さんのご主人(教授)が「アトリエオルタンシア」を推薦してくれたとのこと。持つべきものは、友人プラスそのご主人!(笑)

東大の赤門前に開院したおしゃれなクリニックですので、おしゃれに、派手にというリクエストでした。

ドウダンツツジやキチゴの枝もので大きさを出し、華やかな黄色のオンシジュームなどを入れました、グリーンのシンビジュームで、高級感も^^
お届けする前にうちの店で撮った写真はこちら。


そしてお届けに行った先で、いつものように記録として写真を撮ろうとしていたら、院長先生が出ていらっしゃって、とてもお喜び!「こんな素敵なお花をもらえるの!」と感動してくださり、スタッフもお呼びになり、一緒に記念撮影をして!という事になりました。

素敵な笑顔を一緒にスタンド装花の写真が撮れました。
お花を喜んでいただけたのは勿論嬉しいですが、きっと贈ってくださった方々の気持ちが嬉しかったのでしょうね。
お花はメッセンジャーです。
それからもうひとつ。教授からノアートフラワーアレンジメントのプレゼントです。
清潔感ある院内にふさわしい爽やかなアレンジメントをお作りしました。

コメント(0)

2012年 6月 21日

インテリアに合わせて空間プロデュース

以前にも納入させていただいた老人ホームの同じ系列で、新しく建築された港区の高級老人ホームのインテリアのアートフラワー(造花)を担当させていただきました。
系列の中でも最高級バージョンとのことで、家具や美術品もグレードが高いです。
私は事前に、図面と、お部屋ごとの床、壁、ソファー生地、カーテン生地の小さなサンプルと壁にかかるアートなどの資料ををいただき、それに基づいてデザイン、花の種類、色を考えました。
アレンジする点数が30点近くあったため、イメージするのが大変でしたが、図面を与えられ、インテリアを頭に描く作業はワクワクしました。好きな仕事です!前世は建築家だったと、かってに思っています(笑)

それぞれ使う花器、花を写真に撮り、クライアントさんに送り、すり合わせをしました。何回か依頼の修正が入り、
資材の買い直しなどもありました。
作成後、現場に置いてみて、微調整する箇所もありましたが、空間に生きるアートフラワーとなりました。

これは入口から入ってすぐのラウンジ。花器は陶芸作家さんの1点もので、当日現場でいけました。事前にいただいていイメージ画像とは若干違いましたが、クライアントさんにも好評をいただきました。
壁にかかる絵画も考慮しながらの花材選びでした。



ラウンジのテーブルには多肉植物をつかって。(アートフラワーです)



廊下の棚にはシンプル&スタイリッシュに。




相談室も壁のアートやソファ、カーテン地に合わせて。





広いダイニングルームも壁のアートに合わせ、そして爽やかな明るいイメージにしました。



美容室のシャンプー台の脇に。

このような素敵な空間で余生を過ごすお年よりは幸せだと思いますが、同じ空間で生活するため、お部屋ごとにインテリア、アート、そしてお花で変化をつけ楽しんでいただけるように考慮してあります。

生花ではありませんが、アートとしてのアートフラワーがそこで過ごす方々の癒しとなれば私も嬉しいです。





コメント(0)

2012年 6月 10日

フランスへ旅したウェディングブーケ

カテゴリー ウェディング

フランスのシャトーで結婚式をされる御嬢さんが、日本からプリザーブドフラワーのブーケ、ブートニア、ヘアーリングをお持ちになるのに、私を選んでくださいました。
ドレスの生地をお持ちくださり、アンティークなレース生地にあわせて少し落ち着いたオフホワイト、ベージュ、ピーチ色のブーケにすることしました。

そして、ブーケで使ったお花と同じ色のプリザーブドフラワーのアレンジメントを日本のご両親宅へ挙式帰国後にお送りすることも。素敵なアイディアですね。
これを実現するには、日本の花屋さんでオーダーしていくのがベストだとお考えになったそうです。確かに・・・


プリザーブドフラワーのブーケは小さめの段ボール箱にセットし、機内持ち込みできるようにしました。

フランスに無事到着したようで安心しました。彼女のブログを引用させていただきます。

コメント(0)

2012年 6月 06日

ボストン展

カテゴリー 携帯より

2012/ 6/ 6 11:00

今週で終わってしまうボストン美術館展を観にきていますが、入場規制。30分待ち!駆け込みの観覧者がたくさんいるということね。海を渡った日本文化に一目お目にかかってきます。傘をさして、列に並んでいます。日本人の規律正しさも文化ですが。

コメント(0)

2012年 6月 01日

似顔絵のウェルカムボード

カテゴリー ウェディング

ウェディングの仕事を20年以上続けていると、ウェィングのトレンドもいろいろです。
キャンドルサービス、キャンドルリレー、ドラジェサービス。
ケーキ入刀ではなく、ファーストバイト・・・などなど・・・

ウェルカムボードでもカリグラフィーで文字を書くものもあれば、新郎新婦の似顔絵のものも最近はよく見かけます。
今日はそんな似顔絵のウェルカムボードの会社の方が来店しました。
結婚式以外でも描いてもらうのもいい記念かもしれませんね。

コメント(0)