アーカイブ 「フラワーデザイナー」

2019年 4月 23日

藤の季節に

カテゴリー フラワーデザイナー

今年は桜の咲くころ、季節の足踏みがありましたが、ここ数日は初夏を思わせる日が続いています。

街のふとしたところで、藤の花を見かけます。亀戸天神も藤の盛りとか・・・

そんなわけで、自宅に、軸に仕立てた江戸時代中期の着物地を飾りました。



この着物地は10年くらい前に、京都の珍裂屋さんで見つけたもの。
その時「いつかパリで飾りたい」と、ふと思ったのですが、数年後の2014年、パリで個展を開いた折に、ちゃんと飾る機会ができました。


それは日本人の感性を表現した個展で、「垣間見る」「透ける」「揺れる」「見立てる」という4つのキーワードに沿って構成し、
その中の「揺れる」というテーマに使いました。

藤の花房が風に揺れ、着物地も風で揺らぐ・・・そんな情景です。

無機質な我が家ですが季節感を楽しみたいと思います。

コメント(0)

2019年 3月 19日

「色を解く 江戸の紫・京の紫」@丸善ギャラリー

京都の絞りのアートディレクターである寺田豊さんにお声がけをいただき、フラワーディスプレイとアロマフレグランスでコラボレーションさせていただいています。
本日最終日。連日多くの方々にお越しいただいています。



キフジの枝と赤紫、青紫の花を生けました。 空間を広く見せる為に、桶絞りの布をお借りして壁面上から垂らし、花の方にも絡ませました。









紫根で染めた絹糸。
自然光で見ると色が違って見えます。

私がクリエートしたアロマフレグランス「江戸紫」「京紫」も販売いたしています。それぞれお好みで楽しんでいただいています。

江戸の粋、京の雅がテーマです。

コメント(0)

2019年 3月 01日

江戸の紫・京の紫

3月13日〜19日まで日本橋の丸善ギャラリー(中央区日本橋2-3-10)にて行われる
「色を解く 江戸の紫・京の紫」展にフラワーディスプレイとアロマフレグランスでコラボレーションします。



京絞りの寺田さんから届いた、花とのディスプレイしに使用してもよい布を見ながら、ディスプレイの構想を練っています。

私がクリエートしたアロマフレグランス「江戸紫」と「京紫」も展示販売いたします。
江戸の粋、京の雅を香りで表現しました。日本古来の香りプラス アルファが上品な香りに仕上がりました。

是非お立ち寄りください。
(9時半から20時半まで開場です。)

コメント(0)

2019年 1月 15日

市原悦子さんを偲んで

俳優の市原悦子さんがお亡くなりになったニュースで、多くの方が驚きと悲しみの気持ちを持ったことでしょう。
独特の語りで個性あるパフォーマンスを発信し続けていらっしゃいました。
私は5年前、市原さんの喜寿と出版記念パーティのディスプレイを担当させていただきました。
打ち合わせの段階で、「観葉植物が好きだから観葉植物だけで飾って欲しい。命ある植物を切ってしまうのは嫌だ」とおっしゃいました。

広いホテルのバンケットの中、観葉植物をメインにディスプレイしました。







心からご冥福をお祈りいたします。

コメント(0)

2019年 1月 12日

日産自動車賀詞交歓会2019

何かと話題の某自動車会社ですが、私も元社員として、応援の気持ちしかありません。

今年も賀詞交歓会のディスプレイを担当させていただきました。
花の色は潔く全て白。
赤い枝や松等のグリーン、そして何より京絞りの着物地で華やかさを出しました。
さすが、総絞りの布は上質感を出しています。(京都の絞りの匠から、失敗作だからと譲り受けたものです!こうして日の目をみましたね)








会場前の全室にもアレンジを。


参加された方から、お花が存在感があったとコメントをいただきました。
新年の大仕事が終わり、ほっとしました。




コメント(0)

2019年 1月 09日

出番を待つ花たち

カテゴリー フラワーデザイナー

DSC_1172_2.JPG IMG_20190109_101837.jpg DSC_1174.JPG

何かと話題の日産自動車の賀詞交歓会のディスプレイを今年も担当させていただきます。2013年からですので7年目になります。
今年は、潔く、花は全て白にしました。
京絞りもあわせます。
お楽しみに!

コメント(0)

2018年 12月 28日

仕事納め

DSC_2795.JPG

今年も皆様にお世話になりました。
平成最後の年末も無事に終わろうとしています。
来年もよろしくお願いいたします。

コメント(0)

2018年 11月 22日

吹き寄せ

木枯らし1号が今日あたりに吹くとか・・・

色とりどりの落ち葉が集まったものを吹き寄せと言います。
干菓子にもそんなネーミングのものがありますね。

いつもご注文いただいている歯科先生からスタッフお方へのお誕生日プレゼントのご要望が「シックに」という事でしたので
季節感を入れてこのようにお作りしました。

コメント(0)

2018年 10月 28日

ジャパンプレミアムのサイトに記事掲載(後編)

9月末に行われたプレミアムジャパンのイベント二十四節季「秋分」ランチパーティの記事(前編)に続き、後編がアップされています。


ご覧ください








先日で、編集長さんと楽しいインタビューを銀座の茶寮でしていただきました。その時のお話をまとめてくださっています。
インタビューで、アイディアはどこから来るのか?という質問がありましたが、ふと、湧いてくる、しかしそれは美術館で見た絵画や寺社の庭園、そして書籍からの知識が引き出しから出てくるのかもしれません。

コメント(0)

2018年 10月 19日

コスメティック360 @Paris 2018

コスメティックの国際トレードショーがフランスのコスメティックバレー主催で、パリで行われました。
会場は、ルーブル美術館繋がりのカルーゼル・ドゥ・ルーブル。
私が昨年ボザール展に招待作家として出展し、審査員特別賞を受賞した会場と同じ。懐かしい・・・

同窓の友人市川由紀さんの働きかけで、その会場に私のディスプレイで、商品展示を行うことになりました。
今年は日本・フランス修好160周年の年で様々ジャポニスムのイベントがありますが、このイベントでも日本が主賓国として
会場を盛り上げることになったそうです。

私はこの時期フランスには行けないため、デザイン画、そして細かなサイズ等をフランスにいる市川さんやパリのSHIPS Europeの高馬さんに送り、資材の調達や植物の仕入れをお願いしました。搬入当日は、メッセンジャーのビデオ機能を使って、日本から指示。
絶妙な連係プレイで、見事に仕上げていただきました。

ディスプレイは苔庭の回遊する小道のイメージ。苔庭回遊式庭園がコンセプトです。

その中に、ジャパンコスメティックセンターが推薦する商品が12点並ぶのですが、私がクリエートしたアロマフレグランス「苔庭」Le Jardin de mousse も選ばれました!
「苔庭」パリデビューしました!











コメント(0)

Next »