アーカイブ 「携帯より」

2018年 9月 13日

パリで出合ったアート

カテゴリー 携帯より

DSC_0654.JPG DSC_0810.JPG DSC_0851.JPG DSC_0695.JPG

町中を歩いていて、ウィンドウディスプレイに牽かれたり、インテリアショップのカーテンの柄に日本にはない色合わせを発見したり。
新しく出来たBeau Passageには、大胆なアートの装飾。

コメント(0)

2018年 9月 09日

秋晴れのパリ

カテゴリー 携帯より

DSC_0807.JPG DSC_0797.JPG DSC_0800.JPG DSC_0795.JPG

秋晴れのパリの土曜日。
多くの人が太陽を浴びるかのように、出歩いています。花屋の店先は、秋の装い。日本のすすきのような植物や金柑の鉢も。

コメント(0)

2018年 9月 05日

美術館

カテゴリー 携帯より

DSC_0670_2.JPG DSC_0664.JPG DSC_0663.JPG DSC_0683.JPG DSC_0676.JPG

曇りのパリ。先ずイヴ・サンローラン美術館へ。
かつてプチパレでみたり、映画も観たので、親しみがありました。オフィスの様子もあり、楽しめました。

その後、プチパレへ。
フランス印象派画家がイギリスで描いたた絵画。
モネ、シスレー、シスレーも。
見ごたえ十分。

コメント(0)

2018年 9月 05日

気ままなパリ散策

カテゴリー 携帯より

DSC_0639.JPG DSC_0634_3.JPG DSC_0631.JPG

初秋のパリ。お気に入り界隈を散策。

コメント(0)

2018年 9月 03日

フレグランス

カテゴリー 携帯より

DSC_0618_2.JPG DSC_0609_2.JPG DSC_0622.JPG

実は今回のフランスで一番気になっているのは、フレグランス。
9月末のイベントテーマ、秋分に合わせて、
私がオリジナルフレグランスをブレンドしようと思っています。
老舗の小さなフレグランスブティックに立ち寄り、気にいったグリーン系、ウッディ系のフレグランスを初日から買い込む。

コメント(0)

2018年 9月 03日

初秋のパリ

カテゴリー 携帯より

DSC_0594.JPG DSC_0596.JPG

昨年12月のパリでのボザール展の折り、スタッフとの最初の朝食もサンジェルマンのこのカフェでした。今季節は、マロニエが少し色付く秋の気配。急な展開で一人旅となりましたが、パリの友人達と会ったり、リヨンでワークショップを企画してくれているので、リヨン迄行ったり、予定もあります。

コメント(0)

2018年 4月 18日

季節が進み

カテゴリー 携帯より

DSC_0320.JPG DSC_0322_3.JPG DSC_0327.JPG DSC_0329.JPG DSC_0330.JPG DSC_0332.JPG

季節が駆け足で進み、庭の主役が変わってきました。
リビングの窓からシラーが見えます。
羽衣ジャスミンは、一斉に咲きだしたら、甘い香りがひろがります。

躑躅、小手毬、ペチュニア。
今年はなぜか、ノビルがはびこっています。
昔、野原にありましたよね。
我が庭も益々野っぱら化!

コメント(0)

2018年 3月 28日

庭の花を摘んで

カテゴリー 携帯より

IMG_20180328_110618.jpg

手入れの悪い自宅の庭ですが、春はやって来ます。
庭に出て、今朝摘んだ花をグラスに生けました。
春を感じ、幸せな気分です。

コメント(0)

2018年 3月 16日

ドリス.ヴアン.ノッテン

カテゴリー 携帯より

IMG_20180316_201838.jpg DSC_0186.JPG DSC_0185.JPG

デザイナー、ドリス.ヴアン. ノッテン のドキュメンタリー映画をやっと観ました。
短期で変わる今のファッションではなく、彼は、タイムレスな服、モードを作るという。ベルギーの自宅では、庭の花を飾る。インテリアのファブリックの色に合わせて飾る花の色の拘りもあり。年4回のショーをかかえ、多忙の中、丁寧に生活している。そんな中からインスピレーションが湧いてくるのか。彼ほどの実力者をもっても、15年もかかってパリオペラ座ガルニエでのショーの許可がやっとおり、2016年に実現させた。オペラ座の舞台でのショー演出も素晴らしかった。とても刺激を受けた映画だった。

コメント(0)

2018年 2月 21日

仁和寺と御室派のみほとけ

カテゴリー 携帯より

DSC_0162.JPG DSC_0161.JPG

国立東京博物館で秘仏にお会いしてきました。
こちらの写真は撮影O.K.な仁和寺観音堂の再現。

仁和寺をはじめ、御室派寺院の秘仏を拝見できるのは貴重。
本当に1014本の手がある千手観音菩薩坐像は圧巻でした。

コメント(0)

Next »