Page en français

アーカイブ 「旅のエッセイ」

2016年 11月 07日

奈良の旅2日目

カテゴリー 旅のエッセイ

DSC_1153-1.jpg 1000895.jpg 1000894.jpg DSC_1157 DSC_1162 DSC_1165

雲一つない秋晴れの朝を迎え、いよいよ三輪山登拝。
大神神社にお詣りをし、狭井神社で入山の手続きをして、白い襷をかけ、竹の杖を持って上りました。
詳しくはブログなどには書かない方が良いかと思いますので、ここ迄にします。

お昼は、三輪の特産物の素麺を。温かいにうめんでいただきました。
薄味のお汁と一緒に美味しかったです。

疲れはしているものの、桜井にある安倍文殊院と聖林寺迄タクシーを使って行く事にしました。

聖林寺の十一面観世音菩薩の美しいお姿に惚れ惚れ!!
頑張ってお詣りして良かった~と思いました。
聖林寺からは、三輪山を臨めます。午前中にその山の中にいたのだ、と思うと嬉しくなりました。

安倍文殊院に続き、奈良の正倉院展にも行きました。

う~ん、人の多さに、一寸疲れましたが(笑)

コメント(0)

2016年 11月 07日

奈良へ

カテゴリー 旅のエッセイ

DSC_1145 DSC_1147 DSC_1146 DSC_1148 DSC_1152 1000890.jpg 1000891.jpg 1000892.jpg

奈良の大神神社のご神体は、三輪山。2年前、大神神社をお詣りしたときには、山に登る準備をしていなかったので、今回は、三輪山に登拝したい、という思いで旅を組み立てました。
まずは、名古屋から、近鉄で、室生寺へ。
室生寺迄は本数の少ないバスで。バスを待つ間に大野寺を拝観。崖に掘られた観音様を臨めます。

いよいよ室生寺。女人高野と言われたお寺。
何百段もの階段を登って奥の院迄いきました。膝はガクガクでしたが、清々しい気持ちになりました。
下の金堂では、阿弥陀如来像等至近距離で拝観できました。
室生寺を後にして、電車で長谷寺へ。
あまり期待しないで行ったのですが、特別拝観期間で、十一面観世音菩薩の足をさわって願い事を叶えていただけるという、嬉しい出会い。
そして、その夜は三輪泊。

コメント(0)

2016年 9月 28日

韮崎市「穂坂の魅力体験ツアー」

カテゴリー 旅のエッセイ

山梨県韮崎市商工会主催の赤ワインプロジェクト「穂坂の魅力体験ツアー」に今年も参加しました。
dsc_1082
新宿からバスで韮崎へ。ウィークデーですので2時間くらいで着きました。
穂坂は富士山を望める美しい景観。小説の「銀河鉄道の夜」の構想が出来た土地でもあります。

1000806-1
ブドウ棚にはブドウがたわわに実り、秋本番!

1000811


穂坂地区のブドウ生産者の方に色々お話を伺い、ブドウ収穫体験!赤ワインの原料になるマスカット・ベリーA。
糖度が高く、良質な赤ワインの原料となります。(生で頂いてもおいしいです!!)

1000814
1000810
先週までの雨続きが、糖度に影響するので心配とのお話もありました。
ブドウ生産のお話をいろいろ伺い、さて、次はブドウ畑の中にあるフレンチレストラン ラ・キュイエット へ。
地産地消をモットーに、レベルの高いフランス料理をいただけます。私は8月にも伺いましたし、これまでに何度も。
そのお味や見た目の美しさやホスピタリティーに裏切られたことは一度もありません。

前菜
1000830
途中は飛ばしてデザート
DSC_1085
シニアソムリエの方が、穂坂のワインについて興味深いお話をしてくださいました。
1000824 「ワインは農産物と同じであり、その年のブドウの出来によって左右される事は認識しておかなくてはならない。そして、ワインの原材料の産地を明確化する方向に日本のワインの世界も動いている。だから、穂坂のブドウを使って、穂坂の酵母で、穂坂のワイナリーで作るワインが本当の地元のワインという事になる。ワイナリーが2年後にできるので、その日も近い」との事。

楽しみですね~

1000829 お食事の前には韮崎市長、内藤さんもいらっしゃってご挨拶をしてくださいました。韮崎はノーベル賞受賞の大村博士の故郷であり、大村先生を育んだのは韮崎の自然であるとの事。


穂坂のスパークリングワインで乾杯し、その後、穂坂の赤ワインをお料理と共にいただきました。とても美味しくいただきました。

ランチの後、笛吹市にあるマルスワイナリーへ移動。こちらのワイナリーは既に穂坂のブドウを使ってワインを製造販売しています。ランチで頂いたのもこちらのワイン。
2年後には穂坂にもワイナリーをオープンするとの事。韮崎市の穂坂の赤ワインの丘はこれから活気付きますね。楽しみです。

美しい景色を後に、山梨から戻りました。
1000846
ご縁のできた韮崎市を何かの形で応援出来たら嬉しいな・・・と思っています。妄想は膨らむ・・・(笑)














コメント(0)

2016年 8月 14日

韮崎市、北杜市でのサマーヴァカンス

アトリエオルタンシアの仕事はお客様の生けこみの仕事があり、完全にお休みにするわけにはいきませんので、スタッフと交代でお休みをいただいています。
私はそんな合間を縫って、友人Aさんの清里の別荘にお泊りさせていただきました。

愛犬のパンチ君も一緒。
DSC_1006-1

都内を6時半に出ましたので、ほとんど渋滞に巻き込込まれずに、韮崎に到着。
新府の桃農園を訪ね、そこで友人Aさんが借りているお花の農園でマリーゴールド、ヒマワリ、コスモス、ミント、ラベンダーなどを摘みました。

韮崎の穴山経由北杜市の清里へ。
標高1300メートルになりますから、清里に来ると空気は涼しくなります。でも日差しは痛いように強い・・・

P1000751
P1000700
清里の別荘に先に泊まっていた友人の家族とお昼は合流。子供たちと流しそうめん。子供たちにとっては楽しい夏休みの思い出になるのでしょうね。

私は穴山の農園で摘んできたお花をガラス器に生けて、テラスに飾りました。
P1000705


先の友人グループが帰ると大人の時間。何もしない贅沢な時間。
P1000692P1000697 P1000695 P1000715
P1000725
清里駅前で、南アルプスの天然氷のかき氷を食べて、ひまわり市場で食材を買って、山梨産のワインをいただきながらゆったりとした夜を楽しみました。
P1000730

流星群を見に外に出ましたが、生憎の曇り。
夜のうちに雨が降ったようで、翌朝はしっとりとした森林。たっぷりのマイナスイオンを浴びながら散策しました。
P1000743
P1000740
P1000749
朝食には昨日買った清里ルブレのパンに、私持参の手作りブラックベリージャムを塗って。
Aさんが昨日農園で摘んだミントで、ハーブティーを入れてくれました。香りに頭もすっきり!
P1000758

P1000754

錦織がベスト4に進んだというオリンピックの情報も聞きながら嬉しい朝。
P1000694P1000757P1000755
さて、別荘地の空気を楽しんだ後は、韮崎市穂坂地区のフレンチレストラン La Cueillette へ。
フランスで修業したシェフが穂坂のブドウ畑の中に立てたレストランは口コミで日本各地からお客さんがやってきます。
私もこれまでに数回いただいていますが、食材を生かしたのその美味しさ、美しさは屈指の物。
超顧客の明美さんのおかげで、素敵な個室でランチ。
DSC_1011 前菜 ほうずきがとてもおいしい。鴨の燻製をほうずきのソースやアーティチョークのペーストと一緒に頂きました。

DSC_1012 サラダ トウモロコシのムース!甘味が生きています。

DSC_1014 桃のスープ!!絶品!

IMG_20160813_203221 メインは豚のひれをチョイス

DSC_1017 個室の窓からはブドウ畑が見えます。


ぶどう畑を後にして、次は北杜市の明野地区へ。日本一日照時間の長いこの地でのひまわり畑は素晴らしい。
毎年、小学生のアイディアでひまわり畑の中に絵を描いています。 茶色の品種を植えて、描き出しています。
今年は音符。楽しい気持ちなります^^

P1000770

P1000784

P1000774 たくさんの観光客が来ていましたが、このイベントをここまで盛況にするには地元の方々のご苦労があったようで・・・商工会議所の重鎮の方ともお知り合いになりました。
これからも多くの人が訪れるといいですね。





さて、最後は私の念願、穴山の穂見神社へ連れて行ってもらいました。これまでにも何度かお詣りさせていただいていますが、日本の原風景の中に佇む厳かな神社です。拝殿、本殿の奥に山の上には大きな石が祀られています。
韮崎にご縁のあるこの頃、是非何かお役に立ちたいとお願しました。他にプライベートの事も・・・お賽銭は1件につき500円との事(笑)


P1000785 DSC_1023 DSC_1025


韮崎駅まで送ってもらい、そこから特急あずさで帰路へ。
電車の時間まで少し余裕があったので、駅前にある新しい施設に入り時間調整していたのですが、なんと、そこで歴史的地元の人々の紹介展示が行われていて、勿論ノーベル賞受賞の大村智さんのコーナーもあったのですが、
会場には先ほどまで居た、穂見神社の写真が多きく出ていました。生山正方氏が江戸時代に神主としてこの神社を作ったとか・・・のこ生山氏が塾を開いたとか・・・・
それにしても穂見神社にご縁を感じ、嬉しくなりました。


韮崎市、北杜市の短いサマーヴァカンスはとても楽しい思い出になりました。
子供でなくとも、良い思い出は残りますね。
良いことありますように・・・






コメント(0)

2016年 4月 29日

骨董市@パリ

カテゴリー 旅のエッセイ

これまでにもフランスの旅の中で、骨董市に行く楽しみを加えています。
今回の旅でも、最終日が日曜日ですので、骨董市に行くことを考えていました。
これまでは14区のヴァンヴに数回行きました。
また、パリ在住の友人がネットで検索してくれて、当日やっている骨董市に連れて行ってくれたこともありました。(あそこはどこだったのかしら?・・・)

その時は「私の祖母のものだったものです」というマダムから、オニキスの石の入った指輪を買いました。
私とフランスを繋げてくれるような気がして、いつも指にはめているお気に入りとなりました。


さて、今回は・・・・・・

友人が骨董市のサイトを教えてくれたので、自ら検索。

6区のサンジェルマンのホテルに泊まっていて、チェックアウト前に行ってこようと思っていたので、なるべく近くの5区の骨董市を検索しました。

第一候補はパンテオンの裏手あたりの通りで開かれるもの。

P1000430

P1000432

日曜の朝のすがすがしい空気の中、勇んでいきましたが、何故かやっていません。7時からと書いてあったのですが・・・・


気を取り直し、次を検索して、5区のゴブラン通りでの骨董市へ、メトロを乗り継ぎ行ってみました。
ゴブラン通りには初めて行きましたが、大きな通りなのですね。
そこのある区間、出店が出ていました。

DSC00723



いろいろある中で今回目に止まったのが、アンティークレース。
1メートル30センチくらいですが、1920年くらいのものだとか・・・
レトロな感じに惹かれて、購入。勿論若干の値引き交渉も…(笑)


DSC_0878-1 それから、ハート形のブローチも。
これらはアレンジメントやブーケに入れようかと思って購入しました。
色々な使い方ができそうで、楽しみです。







コメント(0)

2016年 4月 24日

パリの色

パリの町を歩いていると、石造りの町や石畳はモノトーンなのですが、ブティックのウィンドウを飾るアイテムやカフェの椅子などの色合わせに目を引かれます。
P1000278

P1000280

DSC_0813
今回の旅で、パリの北駅からゴッホの終焉の地オーベル・シュル・オワーズに行くために乗った電車SNCFの車両にびっくり!
シートの色合わせの斬新なこと!
えんじ色とオレンジ色の組み合わせとか日本ではあまりしませんね。
それから、黄緑色を多用するとか・・・


DSC_0803 DSC_0804 DSC_0802

おまけに、天井もカラフル! 気持ちがあがりますね~。
楽しいエクスカーションとなりました^^

コメント(0)

2016年 4月 15日

エクサンプロヴァンス再訪

学生時代、初めて海外の地に降り立ったのが、南フランスのエクサンプロヴァンス。ホームステイをしながら、フランス語研修のサマースクールに通いました。
その思い出は南仏の太陽の様ににきらきらしていて、私の中の根底にあり、その後の活動の原動力になっている気がします。

学生時代の滞在の後も、新婚旅行、家族旅行、一人旅で訪れ、今回で5回目の訪問です。
今回の訪問は、来年が花の仕事を始めて30周年となる時期の旅であり、私とフランスを繋いでくれた原点に戻る意味を持っていました。
あの当時私は何を考え、その先に何を夢見ていたのか?・・・・


スウェーデンの学生が多い中、日本から4名が参加したフランス語研修。ホームステイ先にはスウェーデンの女の子マリアンも同居。これはこれで凄いエピソードがあります。
ホームステイ先のマダムに日本の歌を歌ってと言われ、「さくらさくら」と「ブルーライト横浜」を何故か歌った(笑)
日本の母から届いた手紙には「日本女性として恥じない行動をしなさい・・・」というようなことが書いてあった記憶もあります。


さて、今回のステイ先は日本人女性町田陽子さんと、かつて日本でレストランを開いていたフランス人男性David Michardのカップルが営むシャンブル・ドットモンテローズ

古道具でありながらお二人の洗練されたセンスで息を吹き返した素敵なインテリア空間で、のんびりとした滞在ができました。

P1000102

P1000079
P1000254
バス
P1000159P1000158
キッチン
P1000082
P1000084
P1000085



朝食は毎朝お気に入りのパン屋さんに買いに行ってくださったクロワッサンやブリオッシュ
P1000098
ビオにこだわった食品。ローズマリーの蜂蜜や、自家製のジャムと。
P1000101

ディネはシェフの見事なコース料理。
P1000094
ホワイトアスパラのポタージュ
P1000089

ホワイトアスパラガス 蒸すのがポイントとの事。自家製のマヨネーズとソースで。
P1000091

お魚料理はえい。コラーゲンたっぷり!プロヴァンス風ソースで。
P1000095


デザートはイチゴのムース
P1000097


他にチーズ。ワインはプロヴァンスのカマルグの砂地で育ったブドウから作ったロゼワイン。辛口で美味
P1000088





プロヴァンスの新鮮な野菜や果物、魚を食べていると体の中が浄化されていく気がしました。
香りも、天然のエッセンシャルオイルをベースにしたもので、生活にアクセント。

生活を楽しむ余裕、季節の新鮮なものを取り入れる生活・・・良いな~
でも、これは日本でも心がければできることですね。日本で日々の生活に追われている事を反省・・・


泉の湧くエクサンプロフヴァンス。街のいたるところに噴水があります。
P1000056
P1000058


そして何よりも、画家のセザンヌが生涯描き続けた山、サンヴィクトワール。
1000177.jpg

この山を真近かに見られるところまで、オーナーさんに連れて行っていただき、感動!!!
日本人にとっての富士山のようなものかもしれません。




P1000204 P1000136 自然と共に生き、自然に身を任せる。
自分の好きなものに感度を合わせ、好きなものに囲まれて生活する。

P1000191
こんな理想を目指したいです。
大自然の中で心豊かに生活する心の持ちようを、考えてみたいと思いました。


エクサンプロファンスでの最終日、マルシェで花を買い、束ねてみました。
ステイ先で写真を撮らせていただきましたが、そのインテリアはどこを撮ってもフォトジェニック。
フラワーデザイナーとしての旅の思い出になりました。やっぱり花と共に今後も仕事しようかしら・・・
(オーナー町田陽子さんのfacebook記事にも載せていただきました。ア・ラ・カルトな旅を楽しみました。)


P1000263

P1000265

P1000271











コメント(0)

2016年 4月 12日

プロヴァンスの花

カテゴリー 旅のエッセイ

P1000136
アーモンドの白い花。この花を見られる時期にプロヴァンスに来られて幸せ。

P1000074 エクサンプロヴァンスにて

P1000191 サンヴィクトワール山が臨める地にて。ここからセザンヌはサンヴィクトワール山を描いていました。
1000177.jpg

P1000197 ビバーナムティナスが生垣に。

P1000231 鷹の巣村ルカストレにて。レンギョウとハナズオウ

P1000265 エクサンプロヴァンスの花市場で買った花を束ねました。

P1000271 エクサンプロヴァンスで滞在したのは、シャンブルドットのヴィラモンテローズ。オーナーのセンスが光る古道具を現代に生かしたインテリア。どこもフォトジェニック。


P1000263


コメント(0)

2014年 7月 15日

そうだ京都に行こう

カテゴリー 旅のエッセイ

数年前に、京都の車折神社で願ったことが最近叶いました。「フランスで展示会ができますように・・・」と願っていたのです。この度6月に叶いました。
お礼参りに行かなくては!と思い、夏が来る前に旅立ちました。
おりしも、祇園祭の時期。この時期に京都に降り立つのは初めてなので、地下鉄で四条に着いた時に、鉾がそびえているのにびっくり。
烏丸通りから堀川通りの間の細い道には数多くの山鉾が。わくわく、心が躍りました。
DSC_0425 DSC_0430
お礼参りの車折神社はしっとりと小雨に濡れ、訪れる人も少なく、とてもいい感じ。ゆっくりお礼参りができました。石にお礼の言葉を書いて、小石の入ったお守り袋と一緒に納めます。そして、さらに新たなお願いも、新しいお守りと共にしました。
DSC_0436
つづいて、日向大神宮へ。昨年末にお参りした折に、フランスでの個展の成功をお願いしましたので、こちらもお礼参りです。
地下鉄蹴上駅から、山を登っていきます。誰もいない道を上り詰めると厳かな異空間。
天照大神がご祭神です。
DSC_0447
多くの方々、神様、ご先祖様に助けられてここまで来たことに感謝しました。

そして、山を下り、また地下鉄に乗り、八坂神社へ。地下鉄を降りるとフランス人の家族連れが、道を探しているようでしたので、声を掛けました。「GION]に行きたいという事でしたので、おしえてあげました^^ 
さて、八坂神社に着くと、そこは中国語の嵐。   国際化の進む京都です・・・
八坂神社では家の玄関に飾る厄除けの粽を買いまいした。
DSC_0449
夕暮れ時になると、山鉾の提灯に明かりがともり、祇園囃子が流れてきました。こんな雰囲気の中で育つ京都の子供たちは京都のDNAを育んでいくんでしょうね・・・
DSC_0455
DSC_0453
祇園祭りでにぎやかな夜のお夕食は、京都に来るたびに、一人でも楽しませていただいている、仏光町通りの板前割烹「たいら」さんへ。
DSC_0457DSC_0460DSC_0461
季節の枝豆真薯や、鱧など、、京料理を楽しみました。
そういえば、大徳寺麩や大徳寺納豆も素材として使われていました・・・

翌日は大徳寺の高桐院に、行きたい!と思っていましたので、これは何らかの暗示だったのかも^^

翌日は前田コーヒーのモーニングにプリンまで食べて、高桐院へ!
DSC_0473

とは言ったものの、バスを降りたところの御漬物屋さんにまず入ってしまいました。
全ての試食ができて、お好みを選びました、季節の水なすの浅漬けは外せません。
DSC_0476DSC_0474

そしていよいよ大徳寺高桐院。3度目ですが、いつ来ても気持ちが洗われます。どれくらいの時間を過ごしたでしょう・・・
青もみじ、苔、竹、利休の茶室、細川ガラシャのお墓・・・
DSC_0486 DSC_0495

大徳寺の大仙院では全く違った枯山水のお庭を拝見。禅僧のお言葉をいろいろお教えいただき、心に響くものがありました。


大仙院の次に瑞峯院。大仙院とは違った荒々しい石庭でした。キリシタン大名の隠れた十字の石の配置もミステリー・・・
DSC_0513
大徳寺の中で日本人の美意識、そして、人としての心のあり方など、あらためて思う時を持てました。貴重な時間でした。

つらつらと南方向に歩き、和菓子の老舗、俵屋吉富さんのお店で祇園祭りの模様が入った薯蕷饅頭をお土産に買いました。隣接しているサロンでは、お抹茶と生菓子をいただきました。
DSC_0516DSC_0453DSC_0454
「そうだ、京都に行こう!」のノリで、決行した京都お礼の旅でしたが、祇園祭というタイミングでしたので、京都の季節感を味わうことができました。
よそ者には閉鎖的といわれがちな京都ですが、この期間は、町屋では奥座敷まで公開して、お宝の屏風などを公開してくれています。そんな町中にある、京都の文化も垣間見ることができました。

充実した2日を送れたこと、感謝しています。さて、次のステージに向けて、仕切り直しです。

  






コメント(0)

2014年 5月 21日

戸隠でパワーチャージ

カテゴリー 旅のエッセイ

IMG_0648 4年ぶりの戸隠神社。初夏の最高の時期に訪れることができました。木々は芽吹き、菫、カタクリの花、水芭蕉が咲き、鶯の鳴き声も聞こえます。山は壮大で、杉は天に向かってまっすぐ伸びています。
新鮮な空気、植物の力、そして、神の力をいただきました。
IMG_0643
IMG_0652IMG_0633
IMG_0655
戸隠の5社をすべてお参りしました。この写真は火乃御子社。天岩戸の前で妖艶な舞を踊った女神様をまつった神社です。芸能の神様。

フランスでの個展に向けて、自然からたくさんのパワーをいただきました。

コメント(0)

Next »