Page en français

アーカイブ 「日々の出来事」

2017年 10月 14日

紫陽花つながりのウェディング

カテゴリー 日々の出来事

息子の結婚式に際し、お嫁ちゃんのブーケとホワイエの装花を作ることになりました。

お嫁ちゃんの亡くなった父親が、唯一紫陽花が好きだったという事を聞き、会場装花は秋色紫陽花を使ってもらうようにホテル契約のお花屋さんに指示しました。

2回のお花の打ち合わせに同席し、リクエストをさせていただきました。ホテルの花屋さん、うっとうしいだろうな(笑)


私が作るブーケ、装花にも紫陽花を入れる予定でしたので、水曜日に市場に行くと、秋色紫陽花がちらほらある中で、きれいな水色のフレッシュな紫陽花を発見!
コロンビアからの輸入のものですが、南半球は季節が逆だから、今南半球では旬なのでしょうね。


お嫁ちゃんのお色直しのドレスがきれいな水色なので、ぴったりです。

紫陽花が入荷できましたので、ほぼ決まり!!!

紫陽花が味方してくれましたね。

コメント(0)

2017年 9月 25日

パリ出張から帰国

カテゴリー 日々の出来事

DSC_1806.JPG DSC_1808.JPG DSC_1810.JPG DSC_1820.JPG

すっかり秋の風情のパリでは、ボザール展に向けての準備、打ち合わせでした。
松を探しに郊外の植木屋に行ったり、ランジス市場に行ったり。
また、幾つかのギャラリーも見学にいきました。
そんな中、パリ在住の友人達とも今人気の和食レストランでランチしたり、カフェでお茶したりの時間も取れました。美味しいトリフ入りのチーズのお店も友人に教えてもらって訪ね、お土産にしました。いつものポアラーヌのクッキーは、シェルシュミディではなく、ビラケムの日本文化会館に行った流れで、メトロ高架際のお店でしっかりかいましたし。プチパレの美術展や、ロダン美術館も鑑賞。
短い時間を有効活用。
パリの青空に勇気をもらい、12月にまたパリを訪れて、ボザール展の作品を成功させよう!と思ったしだいです。

コメント(0)

2017年 8月 27日

パリ ボザール展2017年に向けて1

カテゴリー 日々の出来事

既にお知らせいたしましたが、2017年12月のパリでのボザール展の招待作家に選ばれました。
そこでは4メートル×3メートルのスペースを使って、2.5メートル位の松を生けるつもり。

長谷川等伯の松林図屏風が頭に浮かんでいます。


今日は氏神様の浅間神社に松林を見に行きました。

松林が特徴的な神社が身近にありました。




パリで良い枝ぶりの松が手に入るといいな・・・


現地調達のもの、日本から送るもの、ご協賛いただくもの等の準備、調整で、これからが忙しくなります。

コメント(0)

2017年 7月 13日

堂園まり子さんの個展2017@銀座三越ギャラリー

カテゴリー 日々の出来事

ニューヨーク在住の堂園まり子さんの個展が銀座三越ギャラリーで行われています。
まり子さんへのお祝い花を承っていますが、DMに使われたブルーの絵画にあわせました。





私からは白の紫陽花とプラチナ色の枝を使ってシンプルにモノトーンで。




しかし、今日会場でゆっくり拝見すると、今の私が惹かれるのは、グリーン系の絵画でした。



まり子さんが重ねる色と私の心の波動が合うのでしょうか。


今日はトークショーもありました。雑誌モダンリビングの発行人の下田結花さんの「インテリアとアート」に関するお話と、
まり子さんの人となりを引き出す掛け合いトーク。



心豊な午後となりました。

コメント(0)

2017年 7月 07日

等伯を観に

カテゴリー 日々の出来事

DSC_1592.JPG DSC_1591.JPG DSC_1593.JPG DSC_1590.JPG

出光美術館に長谷川等伯と雪舟の水墨画を観に行きました。
お目当ては、等伯。
四季柳図に観いってしまいました。
大胆な構図が素晴らしい…

等伯の松林図屏風も好きです。
等伯のような世界感を空間ディスプレイで表現したいと思っています。

至近の一保堂茶寮で一服。

コメント(0)

2017年 6月 28日

ビストロマルクスでサプライズ

カテゴリー 日々の出来事

アトリエオルタンシアはスタッフと生徒さんでもっているようなもので、今回の30周年記念展示会にも良く働いてくれたスタッフ。
彼女達と慰労のランチをお気に入りのビストロマルクスで。


マンゴープリンとココナッツのアイスクリーム。パッションフルーツの果汁にはスパイスがきいていて、名前の通りエキゾチック。


デザートが終わったかと思いきや…….


パティシエ江藤さんからのサプライズプレート!




決め細やかな配慮に感動しました。
江藤さんは「展示会を時間が取れれば見に行きたかった」、とおっしゃってくださり、気に掛けていただけただけでも嬉しいのに。

これからますます活躍する若手パテシエです。

コメント(0)

2017年 6月 07日

21世紀は紫陽花の時代・・・

カテゴリー 日々の出来事

今朝仕入れた白い紫陽花。見とれてしまいます。

紫陽花が好きで、庭の紫陽花に因んで30年前、フラワースクールの名前をアトリエオルタンシアとしました。
オルタンシアはフランス語で紫陽花。
2004年にフランスのノルマンディーにある世界一と言われる紫陽花ガーデンを訪ねた折、そのオーナーに言われたのは、「20世紀は薔薇の時代だったが、21世紀は紫陽花の時代だよ」確かに!!
紫陽花がこんなに人気者になるなんて。




今朝、市場で30年前にスクールに通っていた元生徒さんと20年ぶり位に偶然会った。教えた生徒さんが花の仕事を続けているのは嬉しい事です。

コメント(0)

2017年 6月 03日

花戦さ

カテゴリー 日々の出来事

本日公開の映画「花戦さ」を観てきました。
映画『花戦さ』は、野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市が豪華競演した、痛快時代劇エンターテインメント。これまであまり知られることのなかった初代・池坊専好という花の名手と千利休の友情、そして、戦国時代において京都の町衆である六角堂にいる花僧が、彼らの代表者として、時の権力者である豊臣秀吉の乱心に、刃ではなく、花をもって仇討するこの物語。
歴史映画であるけれど、私にとっては花に注目した映画でもありました。
今週末からの展示会を前にして、生徒さんたちの多岐に渡る花材の仕入れやら、運営のこと等様々なことに頭が言っていましたが、「う~ん、丁寧に生けよう」と思いなおす良いきっかけとなりました。
映画の中の作品は目を見張るものもありましたが、撮影小物の安っぽいアートフラワーの菖蒲の切れ端が見えたり、アートフラワーの朝顔の茎がワイヤーであるのがバレバレだったり・・・重箱の隅をつついてしまいました(笑)

コメント(0)

2017年 5月 20日

30th Anniversary Exposition

カテゴリー 日々の出来事

DSC_1551.JPG DSC_1550.JPG FB_IMG_1495237047796.jpg FB_IMG_1495237103228.jpg

晴天下、稲毛浅間神社にお参り。境内には色々摂社があり、中でも私は隠れるようにある小さな祠がお気に入り。
そこに続く小路には、苔が!木漏れ日を受けて素敵な模様を作り出していました。やっぱり苔が気になる!

アトリエオルタンシア30周年を記念して展示会を行います。
「苔庭」
ガーデンの語源は、Guard of eden
癒しの空間を作りたいと思っています。
癒しの空間を必要とする方へ直接届けられるようにしていきたいと思っています。新しい試みもありますので是非お越しください。

6月10日(10時〜18時)〜14日(最終日は15時まで)
日本橋本町2#6#1日本橋本町プラザビルB1
ギャラリーGALAXY

コメント(0)

2017年 5月 07日

ジャーマンアイリス

カテゴリー 日々の出来事


連休も最終日となりました。穏やかな晴天が続きましたから庭の花もどんどん咲いています。
ジャーマンアイリスも咲きだしました。友人の植田明美さんが山梨県韮崎市穴山町で管理する農園からジャーマンアイリスの球根をいただき、一昨年に植えました。微妙な色合いです。



さて、6月10日〜14日に行う展示会「苔庭」の会場に、私がプロデュースしたアロマフレグランスを香らせます。
展示会のお知らせはこちらをご覧ください。
DM_galaxy_4c_out DM_galaxy_1c_out


「苔庭」をイメージした香りの中には、オークモス、ヒノキ、サンダルウッドに加え、イリス。

イリスとは、アイリスの根から採った香りです。
微妙にブレンドされ、癒しの空間にふさわしいルームスプレイとなっています。会場で香りもお試しくださいね。

コメント(0)

Next »