Page en français

アーカイブ 「フラワーディスプレイ」

2017年 11月 10日

サロン・ナショナル・デ・ボザール展のインヴィテーションカード

12月7日から10日に開催される、パリでのサロン・ナショナル・デ・ボザール展の招待状が公開されました。

マクロンフランス大統領の後援の元、開かれる美術展です。

招待作家3名の名前が掲載されています。

Kuniko Ochiai

として。

この美術展の公式サイトに私の紹介が掲載されています。

コメント(0)

2017年 11月 07日

パリ・サロン・デ・ボザール展招待作家として

サロン・ナショナル・デ・ボザール展は12月7日から10日に600点もの絵画、彫刻、写真、書の公募作品に加え招待作家3名で行われます。
会場はルーブル美術館の近くの地下のサロン・カルーゼル・ ドゥ ・ルーブル。
ルーブル美術館のピラミッドの地下のショッピングモール内にあります。
招待作家はフランス人のアーティストと日本からはグラフィックデザイナーのshun kawakami氏、そして私designer floral kuniko ochiai 。

私が生花の部門で選ばれたのは異例。あくまでも生け花ではなく、デザイン重視の様だ。(私は生け花ではないが、フランス人には同じように見えるようだ)
この美術展の招待作家となった時に、すぐに浮かんだのは、松を生けたいという事。
和紙に影を落として、墨絵の世界を作る。
7月以降は松ばかりに目が行くようになった(笑)

京都博物館の国宝展で、長谷川等伯の「松林図屏風」をリアルに見て、構成を目に納めたほかに、等伯がモノクロで描いた心境にも思いを馳せた・・・


何にしても、何人もの友人がパリに集結して力を貸してくれるのが嬉しい。大好きなパリに、好きな人たちが集まってくれる事が一番嬉しいかも。
パリで私のエージェント活動をしてくれているSHIPS Europのメンバーやパリのネットワークもすごい。写真を撮ったり、フランス語文章を書いてくれるパリジェンヌ達。デザイナーブランドのサイトを作ってくれるパリ在住の知人。
陶器作成や和紙の協賛もありがたい事です。

まだまだ準備中ではありますが、あと1カ月後には美術展は開催されます。良い松が入手でき、感動を与えられる空間を作れますように・・・神頼みでもあります(笑)

コメント(0)

2017年 10月 07日

ハロウィンディスプレイ

今年も高輪の老人ホームにハロウィンのディスプレイをしました。

今年は昨年より、ちょっとシック? ゴールドと黒を利かせました。




コメント(0)

2017年 8月 01日

ソシエテ ・ナショナル ・サロン・デ・ボザール展2017

150年もの歴史あるフランスのパリで行われている ソシエテ・ナショナル・サロン・デ・ ボザール展2017年の招待作家として落合邦子が選ばれました。
フランス人2名、日本人2名のうちの一人です。
びっくりな展開ですが、折角頂いた機会に、「日本人の感性を世界に発信する」、という思いを2014年の個展「陰翳礼讃」に引き続き、
形にしたいと思っています。
生花、炭、和紙を用いて、日本の美意識を表現します。

2017年12月7日から10日。
パリのルーブル美術館近くのカルーゼル ドゥ ルーブルで行われます。そのエントランスにディスプレイします。

日本のメディアでも取り上げていただければ嬉しく思います。

コメント(0)

2017年 6月 17日

空間ディスプレイ

アトリエオルタンシア30周年に際し、展示会「苔庭」〜癒しの空間~を行いました。
お陰様で、5日間で210名の方のご来場があり、盛況に幕を閉じました。
今回の展示では、スナゴケという苔がプラスティックの四角い容器に入ったものを利用して、簡単に室内やベランダにも苔庭を作る提案しました。
勿論、流木とシートモスを敷き詰めて、従来の坪庭のような苔庭も展示しました。

イベントや商業空間でのディスプレイもさることながら、病院や介護施設で生活する方々に癒しの空間を作りたいという思いがあります。
今回の展示を足掛かりに、実際に病院内や介護施設内に癒しのディスプレイを展開していきたいと思っています。是非お声掛けいただければ幸いです。

265cmの天井高に合わせてドウタンツツジを高く生け、足元にナナカマド、そしてその奥には一回り小さいおそろいの花器にスモークツリーを生けました。
実はスモークツリーで、さらにその奥に置いたプロジェクターを隠しています。

今回は初めて映像と花活けを組み合わせました。 やってみたかったことが一つ叶いました。

数ある映像の中から、青空、木漏れ日、鳥のさえずり、小川のせせらぎという絶妙な映像を選びました。





また、私がプロデュースしたフレグランス「苔庭」をデフューザーで香らせ、嗅覚でも癒しを感じていただけるようにしました。




スペースに合わせて、小さ目の苔庭もご提案。スクエアベースの間には、アクリルベースにジェルを入れて、枝を生けました。


スクエアベースの苔とは別に、シートモスを敷き詰めて、坪庭風も作りました。
アトリエオルタンシアのシンボル、紫陽花の花を生けました。
丸っこいアイリッシュモスでアクセント。





今回の展示をするにあたって、下見段階では事務机がびっしり並んでいて、図面だけを頼りに、構成を考えました。
大物のスクエアのディスプレイや人の流れを誘導する回遊型の苔庭、生徒さんの作品は、作品ごとに高低差をつけたディスプレイ台に・・・と会場全体の構成を考えました。
作品の出来栄えの他にもうまい具合に配置して、見栄えよく、来場者に楽しんでいただけたことに自己満足しています(笑)


コメント(0)

2017年 6月 16日

30周年記念展示会「苔庭」癒しの空間 写真

お陰様で210名の方のご来場をいただき、盛況に幕を閉じました。

会場で来場者の方にお渡しした御挨拶状の文面をこちらにも書かせていただきます。


この度はアトリエオルタンシア30周年記念展示会「苔庭」(Moss Guard Eden)
〜癒しの空間〜にお越しいただきありがとうございます。
これまで多くの方々のお力添えで花に関わる仕事をさせていただきました
ことに感謝しております。
植物の持つ力は偉大で、私達人間に多くのパワーや癒しを与えてくれて
います。庭を意味するGardenという言葉は、Guard of Edenから派生して
いるとのことです。癒しの場であるエデンをガードする空間を作り上げて
いきたいと思っております。
今後も植物の力を輝かせるよう励んでまいりますので、引き続き皆様の
ご支援を賜りたく存じます。よろしくお願い申し上げます。



本当に癒しを必要としている方たちに癒しの空間をご提供したいという思いで、苔を使った空間ディスプレイをしました。
今回は花生けと映像を組み合わせる初めての試みもしました。
鳥のさえずりが会場に響きました。
また、私がプロデュースしたアロマフレグランスを会場にデフューザーで香らせ、嗅覚からも癒しを演出しました。フレグランスはミニボトルで会場で販売しましたが、完売プラス予約をいただくことになりました。



会場の写真、参加生徒さんの作品をアップいたします。生徒さんは「私の癒し」をテーマに、苔をどこかに入れ込むことが、お題でした。みなさんのアイディアがユニークでそれぞれの世界感を作っています。





スナゴケをスクエアのベースに入れて開発された商品を使って、簡単に室内にも苔庭を作ることを提案しています。


























スタッフ並びに生徒さんの力の結集で素晴らしい展示会となりました。ご来場の皆様初め、全ての方々に感謝申し上げます。

土曜日にはスイーツパーティをしました。ボトルケーキでお祝い。



紫陽花の和三盆(ご用意していたものが足りなくなってしまって皆様にお渡しできなくて失礼しました)








コメント(0)

2017年 6月 14日

30周年記念展示会「苔庭」最終日です

お陰様で10日からオープンしています展示会「苔庭」癒しの空間には多くの方に起しいただいています。
花生けと映像、香りを組み合わせた癒しの空間を作りました。
紫陽花の季節にオルタンシアが彩を添えています。

本日は15時までです。 是非お越しくださいませ。










FB_IMG_1495237103228.jpg

コメント(0)

2017年 4月 05日

銀座の夜桜は5分咲き・・・

銀座のクラブのご注文で、桜のディスプレイをしました。
先週の金曜日に桜を仕入れていたのですが、なかなか咲きません・・・
暖房を入れて、霧吹きをして、花咲爺さんよろしく、花咲婆さんをやっておりました。

とはいえ、1週間お店に飾りますから、散っても困り、塩梅が微妙・・・

このように月曜日は飾ってまいりました。







コメント(0)

2017年 3月 22日

銀座クラブ新店舗に

毎週生けこみをさせていただいている銀座のクラブの2店舗目がオープンしました。
新しい店内に飾るお花のスタンド等を御相談いただき、色々手配いたしました。
スタンドに帯を巻いて、とのオーナー様の御要望で、このようになりました。

入口は白いお花で。



店内奥は、思いっきり赤。





昨日追加オーダーがあり、急遽資材を今朝買い出しに行き、生けました。黒バラにはスワロフスキーのクリスタルピンを挿しました。



お姉さんのいるお店でなかったら、ちょっとお酒を飲みに行きたいな・・・

コメント(0)

2017年 2月 26日

CPプラス2017 タムロンブース

パシフィコ横浜で行われるカメラと写真映像の一大イベント、CPプラスに出展の大手レンズメーカー、タムロン様のブースのフラワーディスプレイを依頼されました。





担当の広告代理店の方と打ち合わせをして、モデルさんが立つステージのイメージをネオクラシックの室内のイメージにしました。

メーカーの御希望で、ブルー、パープルは使わず、赤ピンク系、黄色オレンジ系の2タイプを作ることに。
花も大輪系をメインに、カメラでピントを合わせやすいものにしました。

22日搬入、23日プレスオープン、26日までの会期ですので、花の仕入れのタイミングを計りながら臨みました。

搬入時は会場はまだまだ作成中。埃が舞うような会場でした。祭りの前夜という感じ。

モデルさんの立ち位置やライティングを決めたり・・・






私の友人矢島満夜さんもカメラファン。CPプラスでの事をブログに書いています。
タムロンブースの写真も素敵にアップしてくださっています。お写真をお借りしました。







こちらは土曜日に夫が来場して撮ったもの。土曜日、凄い人出だったそうです。




コメント(0)

Next »