アーカイブ 2011年11月

2011年 11月 27日

使命

カテゴリー フラワーデザイナー

私の周りには幸せなことに素晴らしい方々がいます。自分の生きる目的、役割を自覚し、その目的に向かって着実に進んでいらっしゃいます。
その中の一人は私の友人、植田明美さん。ヒマワリのような明るさの持ち主。ヒマワリは太陽を向いていますが、むしろ太陽そのもの。明るく多くの人の行く先に光を与えてくれるような人です。
明美さんつながりでお知り合いになった温井和佳奈さん。カンボジア女性の自立のために、職業人としてのグラフィックデザイナーを育成しています。
そして最近フェイスブックからお知り合いになった都倉亮さん。癌との闘病から立ち直り、今まさに多くの事をご自分の使命として発信していらっしゃいます。

素晴らしい方々から多くの気づきをいただいています。

そんな中、じゃあ、私の使命って?私にできる社会貢献って?という難問にぶつかりました。

花の仕事をしていると、私の作った花束やアレンジ、ブーケを喜んでくださる方々は幸いにもたくさんいらっしゃいます。
でも、これでいいの?花はそれ自体で美しいものだし・・・
ガラス作家や画家が、無から作品を作り出すのとはちょっと違うし・・・
つらつら考えながら今日は地元をお散歩。まあ、いいっか…が今日のところの結論。
ランスのカテドラルのステンドグラスの色の組み合わせ、自然の織り成す色の組みあわせ、私の作品の中の色の組み合わせ・・・
共通項があるかもしれない。そんな方向を向いてい行こうかな。




そういえば、面白いエピソードを思い出しました。
昨年の春、私の小、中学校の同級生が私の店にひょっこりやってきました。彼は慶応大学の大学院を出て、アメリカに行ったらしいという噂でした。
その彼がなぜ私の店を知りあてて、来たのかも説明がいまいちあやふやだったのですが、彼はなんと牧師さんになっていました。そして私に言ったのは「牧師の仕事も、花の仕事も人を癒すことには変わりがない」と・・・いまだに謎の来店だったのですが、この言葉は私の励みです。

コメント(6)

2011年 11月 14日

里山との交流

カテゴリー フラワーデザイナー

山梨県韮崎市穴山町という日本の原風景が残る里山と都会との交流を手掛けている友人達(マジカルカーペットの植田明美さんや上田ちふみさん)とこれまでに何度か穴山町でのイベントに参加してきましたが、今回は私のフラワーパフォーマンスとフラワーアレンジメントレッスンが企画の対象となりました。
穴山町の野山で採集した自然の素材を使って、私が皆さんの前でデモンストレーションをしました。
11月13日の当日の前、12日に実際に使うものを採りましたが、さらに1か月前に一度穴山でメイキングビデオを撮りに出向いていました。

さて、当日はお天気にも恵まれ、穴山ふれあいホールからは富士山も見えました。
ポスターの前に、穴山の素材でいけたお花でお出迎え。パリで行われたの久石譲さんのコンサート会場でディスプレイした「月刊フローリスト」の記事も掲示してくださっていました。
メイキングビデオを上映した後、シャンソンの合わせてデモンストレーションが始まりました。
参加してくださっていた小学生の女の子に、地元の柿を加えてもらいました。
題して「里山と都会の融合」約12分のパフォーマンスです。


南フランスの特産、プロバンスプリント生地、ソレイヤードも作品に入れ込みました。文化の融合は各所で・・・


フラワーアレンジメントレッスンのはじまり。クリスマスキャンドルアレンジメントを地元の素材で。パリで買ってきたオーナメントをアクセントにしました。

会場のすみにもクリスマス風アレンジメントをディスプレイしておきました。

東京から20名、韮崎市から23名の参加者と一緒に記念撮影。

穴山のブレイン、穴山ダンディーズ^^

メイキングビデオなど作成時からご一緒した穴山ホールの方と


美味しいフランス菓子(ル・ブラン製)と紅茶をいただき、和やかな時間過ごし東京組はバスで一路東京へ。
富士山も夕闇に包まれ始めていました。


今回のみならず、これまでにも穴山との交流を着実に進めてきた友人の明美さんのパワーに感動しています。きっとこれからもいい流れができていくのでしょうね。
それに加われて私は幸せです。明美さんのブログもご紹介します。
この1日の流れを友人の谷村知穂子さんがブログに克明にに書いてくださっています。

フラワーイベント前のランチ(ラ・キュイエット@韮崎)の写真をアップします。オルタンシアのスタッフも一緒に参加。スタッフのおかげで約40名の参加者のレッスンに対応しました。


この間にごぼうのポタージュスープが入りました。

コメント(8)

2011年 11月 06日

ウェディングな週末

カテゴリー ウェディング

秋のブライダルシーズンまっただ中。お陰様でこの週末はウェディングのお仕事で幸せをシェアしていただきました。

まずは品川プリンスホテルで挙式のお客様。私がフレンチレトロブーケと称している色合いのブーケをお気に召してください、彼女のためにオリジナルで作りました。

おっとりとした優しい新婦のイメージ通りです。

そして、同時進行で、高輪プリンツヒェンガルテンでのウェディング。
秋の庭でのウェディングのようにしたい、という新郎、新婦とのイメージのすり合わせで、秋のナチュラルガーデンのようになりました。ドレスが、白のウェディングドレスと赤のカクテルドレスですので、赤い小花をたくさん集めました。


チェペルのアーチも赤とグリーンたくさん。

白と赤ドレスに共通でお持ちになりたいというリクエストに応えて作ったブーケ。

そして本日、昨晩からの雨がラッキーにも上がり、素晴らしいウェディングが行われました。
チャペルアーチも今日のお客様のリクエストである、白とグリーンで作り、付け替え、気持ち新たにお出迎え。

中庭では挙式後、フラワーシャワーが祝福の歓声と共に軽やかに舞いました。


披露宴会場は、秋の枝物を使って、秋色!!栗も添えました。白いウェディングドレスの後はお着物にチェンジ。着物の柄に花の色を合わせました。




一組、一組ごとにウェディングのイメージをご相談して、イメージを実際のデザインに仕上げていく楽しみはフラワーデザイナー冥利につきます。
ハッピーな週末をありがとうございました。

皆さんお幸せに~。

コメント(1)