Page en français
落合邦子のライフスタイルブログ

2009年 1月 29日

マカロンとカリソンと千歳飴

カテゴリー 旅のエッセイ

200901290730000

フランスで買ってきたおみやげで甘いものはマカロンとカリソン。
カリソンはエクサンプロバンスの銘菓です。アーモンドの粉が練りこまれたしっとりしたお菓子。オリーブの葉っぱのようなひし形です。空港でも売っていますが、私はエクサンプロバンスに行った時だけ、買って帰ります。あー、エクサンプロバンスに行ったんだなー、という思い出を持ち帰りたいから・・・ マカロンは日本でも人気ですね。サンジェルマンやシャンゼリゼのラデュレのマカロン売り場は、長蛇の列!とても並ぶ気にはなりませんでした。ラデュレのショーウィンドのディスプレイはいつも可愛く凝っていて、今の時期、パープルで統一されていました。 私が買ったのは、サンジェルマンのセーヌ通りにある、パンとケーキのお店、ジェラール・ミュロ。クロワッサンをはじめ、パンの売り場は列がきれまさん。私はクロワッサン、カヌレ、そしてケーキの売り場でマカロンを買いました。クロワッサン、ボルドー銘菓のカヌレは勿論美味しかったですよ!そして、箱に八個入ったマカロンは家族におみやげ。ラデュレより、少し大きいですが、カラフルで可愛らしく、家族
に喜ばれました。 お菓子つながりで、お話しますが、マルセイユの友人を訪ねる時、彼女のハーフの息子ちゃんに千歳飴を買ってきて欲しいと頼まれました。五歳の七五三の時、袴姿になったのだけど、千歳飴を持たせられなかったからと。日本文化をしっかりと、お子さんに伝えていらっしゃいます。そこで、私は、時期が終わってしまっていた為、インターネットで千歳飴を検索し、京都の飴屋さんから取り寄せました。そして、マルセイユに持っていったのですが、息子ちゃんは、幼稚園で友達にも分けてあげました。フランスの子供たちにも喜ばれ、私が友人と一緒に幼稚園にお迎えに行ったら、可愛い女の子が私に「ボンボンシャポネ」と言って寄ってきてくれました。フランスの子供の記憶に、千歳飴が残るといいですが。

コメント(3)

コメント(3) “マカロンとカリソンと千歳飴”

  1. まきon 2009年2月01日 at 1:44 AM
    カリソンって、初めて知りました。
    アーモンドの粉が練りこまれてしっとり・・・って美味しそう!
    アーモンドクロワッサンとか大好きなので、私の好みかも♪

    千歳飴のエピソード、ステキですネ。
    千歳飴は見た目もかわいいし、それに込められた親の思いを思うと、素敵なお菓子ですよね。
  2. kimikoon 2009年2月01日 at 5:29 PM
    本当にありがとうございました!

    お陰様で、次回行事は『豆まき』です♪ 
  3. adminon 2009年2月01日 at 6:29 PM
    まきさん

    千歳飴のエピソード、上記のkimikoをクリックしてみてください!!!


    kimikoさん


    喜美子さんの日本文化を息子ちゃんんい伝える気持ち、姿勢は素晴らしいです。

    入学式のときにお会いしましょう!!

コメントを残す