Page en français

アーカイブ 2009年1月

2009年 1月 29日

マカロンとカリソンと千歳飴

カテゴリー 旅のエッセイ

200901290730000

フランスで買ってきたおみやげで甘いものはマカロンとカリソン。
カリソンはエクサンプロバンスの銘菓です。アーモンドの粉が練りこまれたしっとりしたお菓子。オリーブの葉っぱのようなひし形です。空港でも売っていますが、私はエクサンプロバンスに行った時だけ、買って帰ります。あー、エクサンプロバンスに行ったんだなー、という思い出を持ち帰りたいから・・・ マカロンは日本でも人気ですね。サンジェルマンやシャンゼリゼのラデュレのマカロン売り場は、長蛇の列!とても並ぶ気にはなりませんでした。ラデュレのショーウィンドのディスプレイはいつも可愛く凝っていて、今の時期、パープルで統一されていました。 私が買ったのは、サンジェルマンのセーヌ通りにある、パンとケーキのお店、ジェラール・ミュロ。クロワッサンをはじめ、パンの売り場は列がきれまさん。私はクロワッサン、カヌレ、そしてケーキの売り場でマカロンを買いました。クロワッサン、ボルドー銘菓のカヌレは勿論美味しかったですよ!そして、箱に八個入ったマカロンは家族におみやげ。ラデュレより、少し大きいですが、カラフルで可愛らしく、家族
に喜ばれました。 お菓子つながりで、お話しますが、マルセイユの友人を訪ねる時、彼女のハーフの息子ちゃんに千歳飴を買ってきて欲しいと頼まれました。五歳の七五三の時、袴姿になったのだけど、千歳飴を持たせられなかったからと。日本文化をしっかりと、お子さんに伝えていらっしゃいます。そこで、私は、時期が終わってしまっていた為、インターネットで千歳飴を検索し、京都の飴屋さんから取り寄せました。そして、マルセイユに持っていったのですが、息子ちゃんは、幼稚園で友達にも分けてあげました。フランスの子供たちにも喜ばれ、私が友人と一緒に幼稚園にお迎えに行ったら、可愛い女の子が私に「ボンボンシャポネ」と言って寄ってきてくれました。フランスの子供の記憶に、千歳飴が残るといいですが。

コメント(3)

2009年 1月 27日

フランスみやげ

カテゴリー 旅のエッセイ

200901272012000.jpg 朝からいつも通りに仕事が始まりました。午前、午後にフラワーアレンジのレッスンです。バックミュージックは、フランスで買ってきた、カーラ・ブルーニとミッシェル・ベルジェのCDをかけました。なかなかいいです!生徒さんにも、CDのこと、メゾンエオブジェのことなどお話しました。私が感じたトレンドについても。 私の留守中、母の日の商品企画の依頼がありましたので、考え初めています。パリで見てきたもの、感じたものから、イメージを膨らませていきます。 さて、ウェディングの仕事をしているレストランがプロバンス風にリニューアルして、2月にオープンします。そこで依頼されていたマルセイユで買ってきたテーブルマットを明日、届けます。 今夜は、葉っぱに包まれたプロバンス独特のチーズを切り、オリーブのバテをパンに塗って食べようと思います。フランスの余韻を楽しむのはいいのですが、時差との戦いでもあります。今、とても眠いです。

コメント(2)

2009年 1月 25日

旅も終わりに近づいて

カテゴリー 旅のエッセイ

200901252157000

カフェで遅い昼食をとりました。うーん。食べきれないボリュームのサラダ。野菜をたっぷり食べましたけどね。フナックでカーラ・ブルーニとミッシェル・ベルジェのCDをかいました。
カーラのは、最新版で、サミットの時、プロモーションのため、来日しなかった、という、例のCDです。ミッシェル・ベルジェは、カフェやラジオで流れていて、いい曲だなーと思い、気に入っているものです。ベスト盤を買いました。荷物はもうふやせません。空港でチーズを買って帰るくらいです。今回の旅、反芻しながら、飛行機に乗ります。

コメント(5)

2009年 1月 25日

オルセー

カテゴリー 旅のエッセイ

200901251814000 200901251745000

日曜日十時のオルセーはまだすいています。常設に加え、マネの有名な草上の昼食と、ピカソのマネの作品から派生して数多く描いている草上の昼食が比較されるように展示されていました。とても面白い企画! 常設では、セザンヌをじっくりと。先日マルセイユからドライブした、レスタックからマルセイユを描いた絵もありました。今回の旅の復習ですね。(^O^)それから、写真はロダンの恋人、カミーユ・クローデルの作品。いつきても、引かれます。オルセーのカフェでひといきついています。外はいいてんき。ロダン美術館まで歩きましょう。ロダン美術館の庭園は私のお気に入り。

コメント(1)

2009年 1月 25日

シャンゼリゼのスタバ

カテゴリー 旅のエッセイ

200901251658000

パリでわざわざスタバに行かなくても、と思っていましたが、時間がない時には、やはり便利。日曜日の朝、閉まっているお店が多い中、お助けマンです。

コメント(1)

2009年 1月 25日

メゾンエオブジェ

カテゴリー 旅のエッセイ

メゾンエオブジェに昨日行きました。これまでも二度行ったことがありますが、パリ郊外の広い展示会場で行われるインテリア関係の見本市です。会場の広さに圧倒され、1日ではすべて見られないでしょう。目的を定めないと無理です。私はインテリア商品のディスプレイの仕方や、おおまかな、トレンドを見に行きました。仕入れにはある程度ミニマムな規定量がありますし、運賃、関税料金がのると、採算性があるのか?という懸念があります。今回、内野タオルの責任者の方とお会いすることになっていたので、内野タオルのブースをまず、訪ねました。手拭いのような軽いタオル、オーガニックな草木染、その品質の良さ、アースカラーの品の良さが、フランスをはじめ、各国に人気があるようです。フランスのシックなデパート、ボンマルシェとはすでに契約をしています。会場をざっと回った中で、素敵だな、と引かれる展示は、白、ベージュ、グレー、アースカラーでまとめてあるところが大半でした。 7時ころ、ぎゅうぎゅう電車で帰ってきました。 さて、今日はまさに
最終日。トランクに荷物をなんとか詰めました。パリを3時にでますのでそれまで、美術館に行くつもりです。今日はオルセーの気分。セザンヌ、マネを観てきたいとおもいます。

コメント(1)

2009年 1月 24日

やっぱりサンジェルマンが好き。

カテゴリー 旅のエッセイ

200901241922000 200901241937000

チュールリーからルーブルを通り抜け、セーヌを渡りサンジェルマンに行きました。サンペール通りには、お馴染みの花屋さんもあるし。私のお気に入りの小さな広場の写真を添付します。ドラクロワ美術館がひっそりとあります。インテリアショップには、素敵なウインドウディスプレイがしてあります。お目当てのお店で食器を買ったり、オリーブのペーストを家のお土産に買ったり。いつもの定番を買い込みました。やっぱりサンジェルマンが好き!

コメント(0)

2009年 1月 24日

土曜日の朝

カテゴリー 旅のエッセイ

200901241655000

今日は曇り。昨日の雨を思えば、ラッキー。ホテルをでて、近くのブーランジェリーで焼きたてのフォションオポムとカフェオレの朝食。店には次から次にお客さんさんがきて、朝のパンを買っていきます。パンの焼ける香ばしい匂いが、店に充満しています。さて、1日の始まりです。チュールリーあたりに、食器をみにいきます。午後からは、展示会、メゾンエオブジェにいきます。ボンジュルネ!

コメント(1)

2009年 1月 24日

バスティーユのビストロにて

カテゴリー 旅のエッセイ

200901240436000 200901240505000

昨晩は大学時代の同級生がパリに仕事で来たので、一緒に食事しました。彼女はアニエスbのプレスの仕事をしていて、明日、アニエスbオムのファッションショーがあるので、パリに来ました。彼女のリクエストで牡蠣の美味しいビストロ。私はお昼がお魚だったので、カボチャのポタージュ、鴨のコンフィですが。
付け合わせのシュークルーがさっぱりとしていて、美味しかったです。

コメント(0)

2009年 1月 24日

サンジェルマンのお茶処

カテゴリー 旅のエッセイ

200901240052000 200901240058000

昨年秋にオープンしたという、日本茶のお店、寿月堂。サンジェルマンの日本文化意識の高い人をねらったお店。インテリアは日本建築の隈けんご氏が手掛けているそう。石造りの地下には、椅子でのお茶席がしつらえてあります。私はほうじ茶と栗羊羹をいただきました。目の前は、並ぶ人が絶えない有名なパン屋さんです。

コメント(1)

Next »