東京・品川・高輪オーダーメイドのウェディングブーケ・フラワーギフト・ディスプレイ・フラワースクールはフラワーデザイナー落合邦子のアトリエオルタンシア » ブログ
落合邦子のライフスタイルブログ

2018年 8月 11日

原田マハの小説から

カテゴリー: 日々の出来事



原田マハの小説、数人の友人のお薦めに従いさらに「たゆたえども沈まず」を読みました。ゴッホの生涯は様々聞き知っていますが、小説はそれを肉付けるような感じでした。私はこれまでにゴッホが絵を描いた場所、アルル、サンレミドプロバンス、最後に自殺をしたオーヴェールシュルオワーズを訪ねたことがあるので、小説の描写がより鮮明に目に浮かびました。ゴッホと弟テオはオーヴェールシュルオワーズのお墓でピッタリ寄り添って眠っています。
ゴッホの絵も見方が変わります。

コメント(0)

2018年 8月 11日

ジャンルは違えぞ、時代はプロジェクションマッピング?

カテゴリー: 日々の出来事

7月に歌舞伎座にて源氏物語を観ました。
歌舞伎、能、オペラ、プロジェクションマッピングのコラボと聞いて、思い立ってチケットを取りました。






色々要素が多すぎるのかな、と思うところもありましたが、エンターテイメントとして、素晴らしかった。
生霊や龍神のようなこの世の世界ではない登場人物は、能楽師が演じ、能の囃子と長唄がうまくコラボしていました。
それから、母を幼くして亡くし、父に追いやられたと思う光源氏の孤独をオペラ歌手の澄みわたる声のもの悲しさで。


舞台装置は本来なら大道具さんが手掛けるであろう、竹林、海の底等が、映像で。


そして8月、
正に建設ラッシュで変わりゆく豊洲で、観客席が回る仕掛けの舞台「メタルマクベス」を友人達と観てきました。
ヘビーメタルロックの大音量にやられながらも、宮藤官九郎演出らしくお笑いあり、そして最後は非核で結ぶという終わりかたでした。



観客席が回ったり、プロジェクションマッピングの効果があったりで、舞台演出の新しさをみることができました。



コメント(0)

2018年 8月 07日

夏はプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーのレッスン♪

カテゴリー: フラワースクール

8月にはプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーを使ったレッスンをしています。

今年はハート型のブーケアシストを利用したクラッチブーケ。

プリザーブドフラワーの色の組み合わせやペパー、リボンの色もそれぞれの生徒さんに選んでいただきました。

どれも同じ物は無い、オリジナルな作品が出来ました。














コメント(0)

2018年 8月 07日

サマーウェディング

カテゴリー: ウェディング

8月のウェディングにお届けしたウェディングブーケは、爽やかな白バラと白小花のラウンドブーケ。

暑さを懸念して、クラッチブーケではなくラウンドブーケにお決めになった花嫁様でしたので、ラウンドブーケでも
アイビーに動きを出して、ナチュラルなテイストにしました。






2次会にはさりげないクラッチブーケをお持ちになりました。



素敵なウェディングドレスのお姿だったかと思います。


どうぞお幸せに。

コメント(0)

2018年 7月 28日

カラーハーモニー

カテゴリー: ウェディング

まさかの台風到来。それに先立ち、早朝にブーケを椿山荘にお届けしてきました。
お嫁様はカラーにこだわりがあり、ドレスとの相性やお好みを入念にご検討なさっていました。

お嫁様のご希望を叶えつつ、プロとしてのご提案もさせて頂きました。
お花の仕入れ時によっては同じ銘柄のお花でも色味に違いが出ることや、お花の持つイメージも加味してトータルでカラーハーモニーを作り上げる事などもご理解いただきました。

そして当日お支度のお部屋にお届けすると、お喜びの笑顔。

ウェディングドレスに。白とピンクの濃淡のミックス。


シルバーグレイのカクテルドレスに。インパクトのあるボルドー、パープル、ピンクで。











私もほっといたしました。どうぞこれからもお幸せに。

コメント(0)

2018年 7月 24日

夏のアレンジメントレッスン

カテゴリー: フラワースクール

モンステラやアレカヤシを大胆に使って、南国リゾート風に。






こちらはプロテアやケイトウを使ったアレンジメント。







コメント(0)

2018年 7月 23日

アンティークカラーのブーケ

カテゴリー: ウェディング

ウェディングブーケに、ほんのりとサーモンピンクの色味を加えたクラッチブーケ。



お色直しのドレスは、ベージュ色のアンティークカラー。
サッシュリボンもお巻になるとの事。

ドレスのお色とサッシュリボンのお色をブーケの中に、入れ込みました。





コメント(0)

2018年 7月 18日

「暗幕のゲルニカ」から・・・

カテゴリー: 日々の出来事

絵画を題材にした原田マハの小説はこれ迄にも読んでいたが、この10日間で2冊読了。
「異邦人」と「暗幕のゲルニカ」どちらも引き込まれて、一気に読んだ。
(電車の中で携帯を見ないで、読書していたわけで)
特に「暗幕のゲルニカ」は秀作だと思った。
ピカソがスペインの町ゲルニカの爆破に対し、戦争への怒りをアートに込めたくだりを、恋人であり、写真家のドラ.マールの目線で語らせる。
そのストーリーと、2011年9.11からのアメリカのイラク攻撃への憤り感じるキュレーターがゲルニカをニューヨークの美術館で展示するまでのストーリーを交える。
原田マハのお得意分野。


10年前に観たピカソ展の図録を引っ張り出してみたら、表紙は、ドラ。




ドラが撮影したゲルニカの作成記録もあった。



「暗幕のゲルニカ」は、戦争と平和について、考えさせられる素晴らしいアートサスペンスだと思う。お薦め!

コメント(0)

2018年 7月 16日

遠隔地でもオーダーメイドで

カテゴリー: 花屋さん

福井県大野市で旅館を経営されていらっしゃる方から何度かアートフラワーアレンジメントのご注文をいただいています。
今回は、ご自宅用。
それも階段の途中にあるスペースに置くもの。
お写真をいただき、階段を上り下りする時に、目線の位置が変わることに気が付きましたので、どの高さから見ても綺麗に見えるように心がけました。

サイズはもとより、置く場所の周りの雰囲気なども考慮し、お作りしました。
階段の下のあたりにはオレンジ系のプリザーブドフラワーの額が掛けてありました。
また、置くところには黄緑色の間っとと白い和紙がしいてありました。

お送りする前の写真はこちら。



お嫁に行った先からお喜びのメッセージと共に、お写真を送って下さいました。


コメント(0)

2018年 7月 11日

プロテアを使って酷暑に打ち勝つ・・・

カテゴリー: フラワースクール

熱中症が心配されるこの頃です。
お花には厳しい季節ですが、フラワースクールでは夏らしいお花を使ってレッスンをしています。










秋にご自分のウェディングを控えた方は、ご自分で作るブーケの練習も。

コメント(0)

Next »