アーカイブ 「アロマフレグランス デザイナー」

2024年 2月 25日

京都 知恩院内 和順会館での展示会

京都美山の日本茜で染めた布を使って重ね色目をフラワーオブジェで表現し出展します。

竹に穴をあけた竹あかりで茜の色を見せます。

京都にお越しの方はお立ち寄りください。

3月8日から12日。

コメント(0)

2023年 10月 22日

日本茜復活チーム

千葉県立成田西陵高校は農業高校で、茜を育てています。休耕地の活用、そして茜を使った商品を販売して地域を盛り上げようとする意気込みがあります。
千葉県の「若者が主体の環境保全活動アイディアコンテスト」で、「成田日本茜復活チーム」として見事1位を獲得しています。

御縁があって、染めた布の商品化のアイディアを8月にお伝えしてきました。
それが元になり、生徒さん達の工夫で、簡単なコサージュ作りのワークショップを本日幕張イオンモールのイベント会場で行っています。
生徒さん達は生き生きと、自分たちで染めた布を使って、一般来客に教えていました。良かった良かった。

お礼に、と茜をいただきました。準備して染めますね!

コメント(0)

2023年 10月 19日

「右近の橘左近の桜」@丸善ギャラリー日本橋

山桜と日本橘を染めて、アクセサリー、ストール、帯揚げなどを作りました。
また、アロマフレグランス「シトラスの風」も。





皆様のお越しをお待ちしています。

コメント(0)

2023年 8月 12日

日本茜で染めて日常を楽しむ

コメント(0)

2022年 12月 29日

京都美山で茜を掘る

12月下旬、京都美山で茜を育てている方を訪ね、茜の根を一緒に掘らせていただきました。

日本茜は、古来から赤色を染める植物です。
自生しているものもありますが、この方は休耕地の活用として、茜を染色者に販売し、ビジネスとして成り立つようにとその活動を続けられています。


京都市内から車で1時間。こんなところです。

2年ものの茜の根。

購入。

自宅に帰ってから、早速染液をとりだす。


キッチンは実験室となる。

真空パックにする機会を購入したので、真空パック状態で冷蔵保存。
実験は来年に持ち越しです。

コメント(0)

2022年 11月 20日

丸善ギャラリー日本橋 「実に秘められた色彩」展盛況に終わりました。

多くの方にご来場いただき、お陰様で盛況に終わりました。
お越しくださった方々には感謝申し上げます。

コメント(0)

2022年 11月 02日

植物染「 実に秘められた色彩」展

11月9日から15日(最終日は15時まで)に日本橋丸善ギャラリーにて、上記の展示会に出展いたします。

夏前から染めていたストールやブラウス、 京絞りをカルトナージュでインテリアにしたもの、アロマフレグランスなどを展示販売いたします。
毎回定番となっていますアロマフレグランス、今回は、2022年9月にアロマフレグランス調律協会のコンテストで特別賞を受賞した「天使の梯子」を
販売いたします。

コメント(0)

2022年 8月 11日

秋に向けて実で染める草木染

どこにも行く予定の無い夏休みは、「そうだ、家にこもって草木染!」

ということで、秋に予定されている実で染める草木染めをテーマにした展示会に備えて
色々試すことに。

今日はクルミ。

京絞りとストール2点を染めました。

コメント(0)

2022年 7月 18日

藍染

藍生葉と藍立てした藍の2種類を組み合わせて、ストールを染めました。

板締め絞りで柄を作りました。

コメント(0)

2022年 6月 27日

藍生葉染めストール

庭で育てている蓼藍でストールの生葉染め。真夏の様な青空に負けない色に染まりました。

物干し竿の後ろに植えてあるスモークツリー(影が写っています)で以前に染めた黄色系のものもその上から生葉で染めたら、期待していたグリーンに染まりました!


3枚目の写真は先週ワークショップで染めた藍染シャツ。

コメント(0)

Next »