アーカイブ 2009年4月

2009年 4月 13日

日本の感性をパリで発表・「kansei展」

カテゴリー フラワーデザイナー

昨年12月にパリのルーブル美術館の並びにある国立装飾美術館で行われた「kansei展」のパネルディスカッションが、
先日恵比寿の日仏会館で行われました。

パネリストはアートプロデューサーの川崎健二氏とアートディレクターの浅羽克己氏など。

日本人の感性をあえてフランス語に訳さず、kansei と表現し、「たたずまい」、「しつらえる」、「しなる」、「もてなす」
などの和言葉にあわせて、日本のプロダクツを紹介した展示会でした。

その切り口や展示の仕掛けなどが素晴らしく、フランス人にも大好評だったようです。

話はちょっと飛びますが、
私も昨年秋に、私の主催するアトリエオルタンシアの生徒たちと日本とフランスのフュージョンをテーマとしたジャポニスム展を開催しました。
その写真がホームページにアップされましたのでごらんください。
展示会クリックしてください

私の作品はこれです。dsc_0100h.jpg dsc_0053h.jpg
日本人の感性を西洋から入ってきたフラワーアレンジメントで表現するということは、新たなジャポニスムともいえるのではないでしょうか。これをヨーロッパ、特にフランスに発信できたらいいな、と思います。

コメント(7)